2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

【静穏を取り戻した畑】

 鹿の被害に悩んでいた例の畑。狩猟をされていた師匠が居ない今、一番弟子(弟子っつっても僕くらいしか始める人が居なかったってのもありますケド)である自分が何とかせねばっ!と意気込んで、獣道に罠を設置すること2週間。どうやら鹿防止の効果が出始めた様子です。今日までこの場所で捕獲したのが2頭ですが、捕獲後からは鹿の気配がパッタリと止まっております。

a0176707_20144186.jpg

 1週間前までは鹿の足跡が目立った畑でしたが、今は種撒きをした際についたトラクターの通行跡だけがくっきりと。こうやって効果が出始めると、なんだか大きな仕事を成し遂げたような、自己満足かもしれませんが達成感を感じることが出来ました。しかし油断は禁物・・・・








a0176707_20173253.jpg

 隣接する竹林から伸びる獣道。この獣道と畑の境界辺りに罠を設置しています。ですから畑への侵入は危険と察知し、鹿が畑へ侵入してこなくなったのかな?と考えています。侵入はせずとも、近くまで来ているかもしれない。そう思ったので竹林に入り、鹿の痕跡を探してみると・・・

a0176707_202038.jpg

 やはり来ている様子。少し竹林を進んでいくと、鹿のフンが所々に散らばっていました。作物が芽吹くのを伺っているのか?罠の気配を感じ躊躇しているのか?獲ることも駆除ですから必要ですが、寄せ付けないという努力も必要だと自分は考えています。ですからあえて獣道で煙草をすって、人間の生活臭を残したり。

a0176707_20225212.jpg

 竹林を走る獣道。どうやら頻繁に鹿が通っている様子。畑へは姿を現さなくなっていますが、恐らく捕獲した個体が居た群れでしょう。警戒して竹林までは入ってくるものの、畑への侵入を躊躇しているのが現状と考えています。ですから油断は禁物、別の群れが入ってくれば、また畑への被害が懸念されるわけです。

a0176707_20252426.jpg

 芽吹きはじめたイタリアングラス。牧草として利用されるこの通称イタリアンですが、やわらかい新芽がごっそりと鹿に食べられるという被害が多いのです。せっかく種を撒いて芽吹いても、一夜にして壊滅。そんな惨状も少なくありません。そうさせないためにも今日も見回りを続け、鹿が侵入しないよう生活臭を残してきました。このまま静穏が続くといいのですが・・・。
[PR]
by fly-tyer | 2013-02-22 20:29 | 狩猟:山野を駆回った軌跡