2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

【初猟!高原の山間部を駆け巡る日々】

 待ちに待った狩猟解禁の11/15、日の出と共に山間部に時折、銃声が響き渡る。イノシシ狙いで犬を入れながら、鉄砲猟師さんが多数、入っている様子。そんなんじゃないかなぁと予測はしていたので、罠は持ってこずに獣道や足跡、食痕、糞など、フィールドサインを探しまわりました。もちろん未知からはあまり深く入らず、鉄砲の邪魔にならないよう(流れ弾も怖いし、誤射されちゃたまらん)、道路から近い場所で獣の気配探し。鹿や猪といった、イキナリ大物狙いに絞るという無謀さが自分らしい・・・と思う。

 んで解禁から出遅れること1週間ほど。目を付けていた場所に罠を設置し、ワクワクしながら毎朝のように見回りに出かける。まるで昔話。爺様は山へ狩に行きましたとさ。まぁイノシシ2年シカ1年・・・と、そう簡単にゃ掛からんと言われておりましたが、高原町はシカが非常に多いので仕掛けりゃかかる!と言われ。それでも踏み板の真横に足跡があったり、罠を避けて通過したイノシシの足跡があったり。まぁ設置場所としては問題なさそうですが、いかんせん罠の臭いが馴染んでいない様子。

 そして2日目には雨が降る。これはチャンス。匂いが馴染む。夜中には雨も上がり、翌朝はいい天気。こういう日は獣達も活動的になる。3日目の朝、それは突然訪れた。いつものように見回りに行くと、罠を固定した木だけがヤケに揺れている。風なんか無いのに・・・・。よく見てみると罠を設置した場所で、何かが動いていた。かかってる!まちがいない!慌てて止め刺し用の槍を自宅に取りに帰ろうとしたら、偶然、何度か現場付近でお会いする猟師さんと遭遇。事情を話したら止め刺しを教えてくれることに。

 見本見せるから、次の獲物から頑張れよ!といって、ナイフ片手に獲物へと近づく猟師さん。獲物の頭をワキにしっかりと挟んで、胸部にためらい無く一刺し。ナイフを抜くと心臓の動きに合わせ、鮮血が吹き飛ぶ。命を奪う瞬間。山の恵みを頂戴する瞬間。何とも言い表せない気分。

a0176707_2043454.jpg

 狩猟3日目にして掛かった獲物はキュウシュウシカのメスでした。すぐに血抜きをすませ、自宅に帰って解体処理。自らの勝手な欲で奪った命と向き合いながら、自然の恵みに感謝しつつ出来る限り丁寧に精肉をすすめる。もちろん肉だけでなく毛皮も丁寧になめし加工。こんなにも早く獲物に出会えるとは、思ってもいませんでした。師匠の形見の帽子とベスト、罠。やっぱ師匠が獲らせてくれたんだなぁ。
[PR]
by fly-tyer | 2012-11-24 20:47 | 狩猟:山野を駆回った軌跡