2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

【ラビットファーの動きを最大限に活かしたバニーリーチ】

 ちょっくらスキンを変更して爽やかな装いにしてみました。イメージにあわないって?ほっといてくださいな!とまぁ冗談はさておき、ちょっとメイン文章の幅が狭かったので、横幅のあるものにしてみました。さてさて・・・。

 ストリーマーを使う釣りでのフライ選び。餌生物(捕食されている対象)に合わせたり、天気や光量に合わせて色で選ぶ等々、色々な基準がございます。リトリーブした時のフライの動きというのもこれまた大事な基準でございまして、マテリアルの特性を活かした物や人為的に動きが出るようにタイイングしたりと様々。柔らかい動きということに着目するのであれば、マラブーやラビットファーなんかが個人的には好みです。ことにラビットに関しましては耐久性もありますから多用するマテリアルになっています。

a0176707_13134094.jpg

 そんなラビットを使ったフライのひとつに【バニーリーチ】というフライがございます。クロスカットゾンカーをボディにぐるぐるっと巻いたシンプルなフライ。ラビットの動きを褒め称えるならば、このフライが一番でございます。ゾンカーもいいんですけどね。ま、ゾンカーについては末尾にてちょこっと触れましょう。それはさておきこのバニーリーチのタイイング紹介の前に注意点をいくつか・・・





■テールはつけるべからず!
 テールはキャスティング時にからみやすいので付けないほうがよろしいです。全体的にファーの動きが優秀なので、あえて加える必要はございませぬ。テールがあるとショートバイトしてくる魚も増えますゆえ。フライの長さがほしければロングシャンクのフックを使用します。

■スキンはできるだけ薄くするべし!
 クロスカットゾンカーをぐるぐる巻くフライですから、当然スキンも一緒に巻いていくわけです。ですから余分なスキンの処理をしていないと水を吸って重くなります。これはラビットファーをスキンごと使うフライには共通することです。

参考記事
ゾンカーテープの切り出し方
スキン処理の手順(movie)

ではタイイングのご紹介とまいりましょう。

a0176707_1339843.jpg

 まずは下巻きとウェイトの取り付け。ウェイトは好みで。ラビットファーが乾いていると水中に馴染みにくいので、ウェイトを入れない場合はしっかりと水に馴染ませてから使います。ゆえにウェイトを施したほうがさくっと使えます。

a0176707_13433351.jpg

 クリスタルフラッシュを取り付け。長さは基本的なシャンクと同じ長さ。ラビットファーに覆われますが水中では控えめに光ってアピールします。

a0176707_13505766.jpg

 下処理をしたクロスカットゾンカーを取り付けます。ボディに巻いていくときに、ラビットファーが後方を向くように取り付けてください。固定したらスレッドをヘッドまで進めておきます。

a0176707_1357140.jpg

 こんなものお持ちでしたら活用しましょう。コレかなり優秀。エポキシの代わりにも使えますし、各種接着作業にも。乾きが早く粘度があるため、タイイングには欠かせません。なければ各種接着剤を用意。

a0176707_1359174.jpg

 スレッドで下巻きをした部分に、少量の接着剤を伸ばしていきます。着けすぎに注意しながらクロスカットゾンカーを巻く部分に薄く塗ってください。

a0176707_1413120.jpg

 接着剤が乾かないうちにボディを巻いていきます。スキンが重なるとフライが重たくなったり、ボリュームが出すぎたりします。スキンが重ならないように注意しながら巻いてください。

a0176707_1435367.jpg

 ヘッドまでまいたらスレッドでしっかりと固定。余りのゾンカーをカットしたらスレッドでヘッドを整え、ウィップフィニッシャーを使ってしっかりと固定しておきましょう。

a0176707_1463691.jpg

 巻き終わったらガードヘア(ツヤのある固めのまっすぐな毛)をむしりとります。つやがありますがファーの動きを妨げるので、むしっておくとフライの動きがよくなります。

a0176707_149162.jpg

 ガードヘアを除去したら全体のボリュームを調整します。あまりボリュームがあるとフライが重たくなりますし、動きもイマイチ。ファーを一度、逆立てると調節しやすいです。

a0176707_14181047.jpg

 こんな感じに仕上がります。シンプルながらも非常に効果的。湖はもちろん管理釣り場にもオススメですよ。

a0176707_1419966.jpg

 このように違うカラーを組み合わせても。ボディ後部をブラック、前部をオリーブでタイイング。3色とかの組合せなんかもよろしいですね。色々組み合わせて楽しみましょう。

a0176707_14204351.jpg

 こちらはチェーンボールアイを装着し、ヘッド部分をピーコックハールで巻いたバリエーション。こんなスタイルもあるわけですな。色々とおためしあれ。



 ところで冒頭で述べたゾンカー。確かにラビットファーの動きは魅力的ですが、ラビットよりも注目すべきはボディですね。ゆえにマテリアルのラビットだけに着目するのであれば、バニーリーチのがよろしいかと(対象となる餌生物は別として)。

 ちなみにキャプテンゾンカーのラビットファーは釣り人がフライを見やすいように取り付けられたもの。考案者の中島船長はフライで漁をしておりましたゆえ、その時にフライの位置を確認しやすいようにと付けたそうです。なんといってもブレイデッドループに反応するメバルをヒントに考案されたフライですから、ボディのブレイデッドチューブが要点になっているワケなんですね。このようにボディの方に重点を置かれたゾンカーもあるってワケです。

 この辺も記事にしたりしてご紹介しているのですがねぇ。そういう点を理解せずに固定観念(ゾンカーはラビットが命!みたいな) に捕らわれたままゾンカーを語ると格が下がるってもんですぜ先生。



完成フライ専門店 Fly-Crafting Graham
豊富な品揃えの完成フライオンラインショップ。お探しのフライがきっと見つかります。
[PR]
by fly-tyer | 2011-05-27 14:57 | 釣り:フライタイイング