2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

コレは!と初めて思ったフライ

 ここのところ忙しくてブログまで手が回らず申し訳ございませぬ。なにせ下請けでフライを巻いたりとかもしておりますゆえ、仕事が終わりますともうヘトヘトでございます。ここ1週間、一日のタイイング量が130本近く。視力低下におびえる毎日です。もう慢性の肩こりはあきらめました、ハイ。

 さてさて、フライを始めてから「これは釣れそうだ!」と思ったフライパターンっていうのが何だったかふと思い出してみました。最初は土地柄シーバスばかりでしたが、母方の実家が新潟ですので渓流へ行くチャンスもあったワケですね。夏休みに新潟に行くってことでこれはいよいよ渓流だ!って時にフライパターンを探しまくっていたときに心にグサッっときたフライがありました。

a0176707_2352128.jpg

 ブルークイルなるスタンダードパターンです。いかにもドライフライ!って印象受けません?スラっとしたボディにダッククイルを使ったウィング、フロント部のハックル。ドライフライっていうよりもフライ初心者の僕にとってはフライというイメージそのものだったのを覚えています。




 ストリップドピーコックを使ったボディを持つスタンダードといえば、クイルゴードンやジンジャークイルあたりが有名ですね。(正確にはグースバイオットだったり、ハックルストークを使っていたりしますけど)でも淡い色合いとダッククイルのウィングが若かりし頃の僕にはググっときたのかも。当時はウィングがバラけたりと四苦八苦しながらタイイングしておりましたねぇ。

a0176707_23585669.jpg


 こちらはジンジャークイルです。クイルゴードンやブルークイルとは違い、ボディはストリップドピーコックハールを使って茶色系のカゲロウを意識しています。ちなみに個人的見解ですがテール部分はコックハックルのとある部分を使い、水面にソフトに触れるようにするのがこだわり。どこかといいますと・・・・まぁノーハックルダンに使うクイルみたいな感じですとでも言っておきましょう。

 最近はパラシュートやCDCパターンばかり使われるんですかね?スタンダード系のパターンって結構いい反応出たりするんですよ。魚が見慣れていないといいますか、興味津々で寄ってくるという印象が。パラシュートパターンは水面に張り付くように浮きますが、スタンダードパターンは水面から少し浮いた状態になるので意外と見やすい一面がございます。

 さてさてハックルの長さなんですが、長くてもゲイプ幅の1.5倍程度の長さにとどめています。羽化したてのダンはそれほど水面に高くは浮きませんゆえ。ハックルゲージですとフックサイズに対して、ワンサイズ下の長さのものを使っています。これは個人的なこだわり。勘でしかございませんが、このほうがよろしいと。頭では分かっていてもデーターには起こせない。悪いクセですねぇ。だって釣りって楽しいじゃないですか。データーや写真とること忘れて釣りに没頭しちゃいますって。




完成フライ専門店 Fly-Crafting Graham
豊富な品揃えの完成フライオンラインショップ。お探しのフライがきっと見つかります。
[PR]
by fly-tyer | 2011-04-20 00:13 | 釣り:フライパターン