2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

変わらないものもある

 大震災から早いもので2週間。少しづつではありますが復興支援も大きくなり、前へ向けて歩き始めていますね。まだまだ厳しい状況下に置かれました被災者の方達も大勢いらっしゃいますが、政府も全力を上げて少しでも早い状況の改善がなされる様、願っております。また「頑張ってください」なんて無責任な言葉は申しません。大したことは出来ませんが、義援金や支援物資等、自分が出来ることをこれからも継続的に行っていこうと思いますので「一緒に頑張りましょう!」とお声掛けさせて頂きます。


 さてさて、毛鉤職人として本来あるべきブログへと少しづつ戻らさせて頂きたいと思います。昔から変わらないスタイルってのがありますよね。フライパターンも様々な人によってアレンジを加えられたりとしますが、結局のところベースとなっているパターンが一番よかったり。職人としてはそういった変わらないパターンってのを考案できるっていうのは、本当にうらやましい限りでございます。

a0176707_8271231.jpg

 んー今考えれば、ありがちなフライですよね。これは高校生の頃ですからかれこれ15年近く前に思いついてタイイングしたパターン。小型のメイフライやコカゲロウのイマージャーをイミテートしたパターンです。当時は胸を張ってオリジナルだ!なんて言っていましたけど・・・。所詮は素人時代ですから。




 CDCを折り曲げて取り付けるループバックとかハンプバックとか呼ばれるスタイルですね。パウダー状のフロータントを絡めますが、空気を抱きやすく意外と浮力が持続します。折り曲げたCDCの内部にできる空間が左右から見ても見えないように、しっかりとCDCで隠れるようにするのがポイントです。そうすることで溜まった空気が逃げにくくなり浮力の持続に繋がると。

a0176707_8314643.jpg

 こちらはカーブシャンクにタイイングしたバージョン違い。どちらのスタイルもCDCを取り付けた後に後方に折り曲げ、左右にスタビライザーを作っています。これで水面での姿勢が非常に安定します。インディケーター的なものはナシ。魚の反応を優先です!なんてのは若さゆえですかね?昔は#22とかでもバッチリ見えたのですが・・・ここ最近はちと見えにくくなっているような気が・・・。

 まぁこのパターンに限らずフライが見えにくいならば、ティペットに蛍光色のヤーン等のインディケーターを非常に小さく取り付けることで解消することもできます。このパターン、当時と変わらぬスタイルで、今でも現役バリバリで活躍しています。

 ちなみにグラハムから注文が入っているので現在、製作中。近日中に納品予定です。カラーは各タイプ7色。サイズはストレートタイプが#16~22、カーブシャンクが#16~20の予定です。

 あーそうそう、このブログを見てくださっている方の中には同業者の方もいらっしゃるようで。ご訪問は大いに歓迎するところではございますが、ネタやフライをそのままコピーされるのはいかがなものでしょう?毛鉤職人たるものオリジナリティを持たず、モノマネだけで食っていける甘い世界じゃございませんぜ?商標登録ないとか他のショップもやっているとか、そんなたわ言申されているようではネ。書くとキリないなぁ・・・。

 このお話はまたいずれ詳しく。ちゃんちゃん。






完成フライ専門店 Fly-Crafting Graham
豊富な品揃えの完成フライオンラインショップ。お探しのフライがきっと見つかります。
[PR]
by fly-tyer | 2011-03-27 08:48 | 釣り:フライパターン