2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

宮崎 串間周辺の状況と海フライ

 さて宮崎に来て海でフライをしないとなってはバチがあたるってもんです。降灰掃除も一段落したところで、一路、串間方面へと車を走らせました。

a0176707_13543586.jpg

 写真は到着日に撮った鬼の洗濯板。日南海岸です。いいサラシが出ておりまして冬とは思えない温かさゆえ、気がついたらロッド片手に・・・。って初日に釣りしとるやん!一度ヒラ様がフライをくわえてくれましたが、あっけなく3号ティペットがプツリ。あんなデカイのが足元のサラシに入っているとは恐るべし宮崎の海。

a0176707_13553986.jpg

 さてさて、本釣行は日の出とともに串間にある福島港でエバ(メッキ)狙いです。恐ろしいほどの強風でロールキャスト一発で簡単に25mは飛んでしまうほどの風。サラシが出ていればヒラでも狙おうと思ったのですが、あいにくの陸からの風で並みは意外と穏やか。そこで漁港の水面がフラットな部分に狙いを定め、フライを沈めてリトリーブすること10分ほど。メッキの群れがどこからとも無く現れ、フライを追尾しはじめました。

a0176707_13585482.jpg

 ここ数日はエバが釣れていないとのことでしたが・・・・・。なんと入れ食いモード突入です。荒れ狂う風もなんのその。前回の宮崎釣行でもお世話になりましたTさんがタイミングよく合流し、エバフィーバーに突入しました。季節柄でしょうか、活性は高いのですがファイトがイマイチ弱い。冬場はこんなもんですとのことでした。型はそれほどではありませんが、毎回フライを追尾してくるからこっちも夢中。食してみたいと思ったので5尾ほどキープし、帰宅後にフライにしていただきました。美味!

a0176707_1422836.jpg

 翌日も時間が空いたので午後から福島港へ。風も納まっており絶好の釣り日和。 さっそくフライをリトリーブすると、目の前にある沈み根の周りでナブラ!すぐさまフライを入れなおすとあっさりヒット。今日もエバフィーバーがはじまりました。

a0176707_147856.jpg

 夜はシーバス狙いで街灯のある漁港へと移動。海をのぞいてみるとベイトがグチャグチャでした。キビナゴとネンブツダイが入り混じっている様子。それを捕食しにミノカサゴがちらほら見られました。釣りたいなぁとお見つつも華やかなヒレには毒が。そっとしておくことにしました。

a0176707_1492832.jpg

 これだけベイトがいるということは、捕食しにくる魚がいないのか。フライには全く反応がありません。しばらくやっても音沙汰が無いので帰ろうかと思っていると、なにやら黒い物体がフライを追尾。ハリセンボンのような丸い物体。なんだろうとおもうと・・・・モンゴウイカでした。フライにちょっかいを出してきますがフックにはかからず、相方にエギを投げさせるとあっさりヒット。百年の孤独のおつまみになりました。

a0176707_14115213.jpg

 さてさてちゃっかり釣りまでさせていただきました今回の宮崎遠征、帰る日にはいい天気で新燃岳も穏やかでした。この写真をみているとまるで噴火がうそのようですね。帰京後にも爆発的噴火や雨が降り、土石流などの心配が高まっています。

 まだまだ予断はできないでしょうが、落ち着きを取り戻せばまたいいフィールドが戻ってくるはずです。避難生活を余儀なくされる方もいらっしゃいましたが、みなさん明るく前向きに生活されていました。貴重な体験をすることができ本当にありがたく思っています。口蹄疫や鶏インフルエンザ、噴火と災難が続いていますが、これからも出来る限りの応援をしていきたいと思います。おいしい食材に明るい人々、そしてフライで狙える対象魚が待っていますよ!
[PR]
by fly-tyer | 2011-02-22 10:41 | 雑記:しがない思考回路