2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

暖かい陽射しが差し込むと・・・・

 一部渓流が解禁を迎えたこともあり、多くの注文を頂き感謝です。ここのところコカゲロウパターンを中心にミッジやニンフ系が人気ですね。先日ご紹介いたしましたクロカワゲラのイミテーションも今年は人気急上昇です。

 さてさて、この時期にこれだけ暖かい日になりますと、どうしても怪しいと睨んでしまうことがあるんです。結果的には毎年のごとく“やっぱ早かったか~”ってなるんですけどね。

a0176707_1029507.jpg


 てなことで、さくさくっとマテリアルの下処理を。



 赤いゾンカーにフォームやらキャプテンチューブやら。そうですバチパターンです。赤いバチが抜けるにはまだ時期早々かな?とは思いつつも、この時期に温かくなると期待しちゃうんですよね。結局、カワゴカイが抜けてて色違いだったってことも。そんな時はオリーブカラーが効果的。でも魚がいない!ってこともしょっちゅうです。

a0176707_10325154.jpg

 まずはリアフックにゾンカーテープを取り付け、その上にキャプテンチューブを被せたボディを作成。もともとは知人のS氏のアイデアを基に、このスタイルに落ち着きました。土台となったのはテールがマラブーでインナーボディがフォームだったのですが、耐久性を考えテールをゾンカーにしました。インナーボディはボディ自体を沈めたかったのとタイイング簡易化も考慮し、そのままテール兼インナーボディとしてゾンカーテープを使っています。これなら余計な引き波も出ません。

a0176707_10392166.jpg

 あとはフロントフックをイソメに針を刺すかのごとくにゅにゅっと。モノフィラをしっかりと固定したらマテリアルを取り付けていきます。引き波を出すための浮力材はポッパーヘッドではなくフォームシートを切り出したガーグラースタイル。ヘッド部だけ残して背中の部分を切り取って使うこともあります。そうすれば最小限の浮力で使えるので、アワセのタイミングがしっかりあえばフッキングが大変よろしい。腕があればポコポコ釣れるフライになってます。瞬発力の鋭い御仁が使うと入れ食いになるんですわ。

a0176707_1044674.jpg

 ちなみにそんな瞬発力ありません!という自分は、こんな簡易版を愛用。キャスティングすると絡みやすいので、守備範囲は足元からロールキャストで狙える近場ですが。同様にヘッド部のフォームだけを残せば、想像以上の吸い込みやすさになるようで。アワセが遅れてもフッキングしちゃってることがおおい、ちゃっかりバチパターンなのでした。
[PR]
by fly-tyer | 2011-02-04 10:49 | 釣り:フライパターン