2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

完成まで2日もかかるフライパターン?

 相方の職場にフライの雑誌の愛読者がいるので、記事のサブタイトルがバレるんじゃないかとおびえる一日です。昨日のヘンフェザントクイルの仕分けが終わったのが朝4時頃、思った以上にいいクイルが揃っていました。すでに数件のお問い合わせがありますが、#8以上が巻ける物は限られております。大きめのウェットパターンご希望の方はお取り置きいたしますので、お早めにメールにてお問い合わせください。

 さてさて今日のお話は、完成までに2日もかかるフライパターンのご紹介。NZでアルバイトをしていた時に教わったご当地ストリーマーのお話でございます。マテリアルはストリーマー用フックか大きめのニンフフック、もちろんスレッド、オバールティンセル。そしてシリコーン、サランラップ?です。で、どんなフライパターンかといいますと・・・・。

a0176707_1851534.jpg




 こんな感じのベイトフィッシュパターンです。本物はヘッドのところに油性ペイントなどで目玉が書かれています。スメルトと呼ばれるワカサギのような小魚のイミテーションですね。まぁワーム?なんて印象受けますけど。ちなみに某誌のフライコンテストに入賞したフライにそっくりなんですよねこれ。まぁ誰が先だとか興味はないので深くは突っ込みませんが。もしかしたら日本では知られていないローカルパターンを引っ張ってきたら名タイヤーになれるかもしれませんな。クリ・・・とか?(こういうこと平気で書くから煙たがられるんですよね・・・出すぎた杭なんだと思い上がってみたり。)まぁ素直にXXXを参考にカスタマイズしましたと一言書いておけばいいのにと。

a0176707_18204673.jpg

 話がそれましたが教わったとおりのタイイング方法をご紹介しましょう。まずは下巻きを施したらテールとしてオバールティンセルを取り付けます。オバールティンセルの切り口はほつれやすいので、あらかじめ接着剤などで固めておくといいかもです。長さ的にはシャンクと同じ長さかな。まぁそこらへんは好みでかまいません。目安としてはフライの後部がオバールティンセルの末端から1~2cmくらいになります。

a0176707_18243668.jpg

 次にボディです。ぐるぐると隙間ができないようにオバールティンセルを巻いていきましょう。強くオバールティンセルをつかみながら巻くとほつれちゃうので注意です。そういえばオバールティンセルを使ったパターンって、最近は余り見かけませんね。かなり使い勝手のいいマテリアルだと思うのですが。

 ちなみにボディーとテールは同じ素材を使うのがご当地流のようです。シルバーやゴールドといったオバールティンセルはもちろん、夜釣り(タウポ湖では夜12時まで釣が可能)用に蓄光マテリアルを使ったものなんかも。トラウト用だけではなくフックを変えればソルトパターンにも転用できますね。

a0176707_18292851.jpg

 ボディを巻き終えたらフィニッシュ。アイを取り付ける場合はこの時点で行います。ご当地流はペインテッドアイですが、シールタイプのアイが手っ取り早いですね。あ、ウェイトを入れる場合は内蔵を意識してレッドワイヤーをむき出しなんて手法も。ヘッドの後ろに赤いマテリアルをつけて流血スタイルなんてのも。工夫次第で色々なバリエーションがたのしめますよ。さて、タイイングはここで終わり。ここから工作のお時間です。

a0176707_1834456.jpg

 長方形に切り出したサランラップを用意したら、その上にシリコーンをぶにゅ~っと出します。仕上げたいボディの太さにあわせて、シリコンの量を調節してください。仕事柄、使う量が半端無いので僕はガンタイプのシリコーンシーラントを使っています。この時にパールやボディと同色のラメなんかを入れちゃう人は通ですな。

a0176707_18401248.jpg

 たらしたシリコーンの上にフライを投入します。まずフックアイがシリコーンで埋まってしまわないように気をつけてくださいね。硬化してからだとフックにしぶとくこびり付くので除去がとても( ゚Д゚)メンドクセーでございます。テールの部分はニードルなどを使ってシリコーンに埋め込んでいくとうまくいきます。

a0176707_18422777.jpg

 埋め込みが終わりましたらフライの背中部分を中心に折りたたみます。この時に背中に空気が入らないようにしてください。折りたたんだら指先などでシリコーンの形状を整えて放置乾燥させます。密閉状態ですので時間がかかります。2~3日あれば硬化すると思いますので気長に待ちましょう。

a0176707_1845137.jpg

 さぁ硬化がおわりましたらお好みの形状にカットすれば完成です。サランラップをはがせばワームのようにしなやかな質感になります。サランラップはそのままでも大丈夫です。テールの形状を変えたりと色々試してみてください。とまぁ時間のかかるフライパターンのご紹介でした。
[PR]
by fly-tyer | 2010-12-21 18:47 | 釣り:フライタイイング