2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

ベーシックタイイング:ウェイトの巻き方

 起床してメールチェックしたら同じような内容のメールが7通もございましたので、こんなブログを見てくださっている方達のためにも連日投稿とあいなりました。ズバリ先日のゾンカーパターンのボディについてです。ウェイトを入れつつもキレイなボディを作るにはどうすればいいか。ウェイトの巻き方も手間を省かずに行えばキレイなボディ作りにつながります。何事においても基本だからこそ手抜きは禁物ですね。

a0176707_12105857.jpg

 ウェイトは下巻きをする前にフックに取り付けます。ウェイトの取り付け位置によってフックの向きや遊泳姿勢が変化しますが、ブログで紹介するとなると膨大な量になりますのでそのへんは専門書をご参照。さてウェイトの位置ですがフックアイから少し離れた場所に先頭が来るように取り付けます。ウェイト固定の巻きしろとヘッドの部分を計算に入れているので余白を残しておきます。

 ウェイトを巻き終えたら余りをカットし、切り口は爪で潰しておきます。こうすることでスレッドが引っかかって巻いたウェイトがほつれる心配がなくなります。

a0176707_12231872.jpg

 それでは下巻きをはじめましょう。ヘッド部を残しウェイトを固定する巻きしろ部分から下巻きをします。このときにスレッドのあまりはカットせずに残します。すこし長めに余分を取っておきます。仮止めということでウェイトがアイ側にずれてこない程度にスレッドを巻いておきます。1往復程度でかまいません。

a0176707_12272696.jpg

 次にウェイトがズレてしまわないように後方をしっかりと押さえ、スレッドを後方へと移動させます。この時に残しておいたスレッドの余りも一緒にウェイトの上に巻いていきます。こうすることでウェイトの隙間にスレッドが入り込むのを防げます。まだ仮止めですのでギッシリ巻く必要はありません。

a0176707_12351839.jpg

 スレッドを後方に移動させたら、ウェイトの後方にスレッドを巻いて固定します。これでウェイトは前後に移動しなくなりましたね。この状態でボディにティンセルを巻くとデコボコになってしまいます。そこでスレッドでボディの下地を作っていくと同時に、ウェイトをしっかりとスレッドで覆って固定します。

a0176707_12404871.jpg

 ウェイトに向かってボディが太くなるように意識しながらスレッドを巻いていきます。フライラインのカタログなどで表示されるテーパーのイラストがありますよね?あの感じをイメージしてください。後方はゆるやかに細くなるように、前方は巻きしろ部分だけを使って仕上げます。ヘッドを大きくしたくない場合は、この時点でもヘッド部をまかないようにします。

 これでキレイな下地が出来上がりましたね。あとは好みの素材を取り付けてボディを作っていきましょう。無論ここまでしなくてもいいんですが、細部にまでこだわりたいってのは性分ですかね?見えないところにこそ手間隙を。職業病かもしれません。
[PR]
by fly-tyer | 2010-12-18 12:53 | 釣り:フライタイイング