2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

お気に入りブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

人気ジャンル

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

【初猟期も無事に終了】

 人生で初めての狩猟シーズン。色々とドラマのようなスタートをきった猟期も、3/15をもって終了となります。夜間に活動する鹿や猪を狙う罠猟ですから、今晩が最後の勝負といったところ。気合を入れて罠の最終チェックに向かいました。

 狙うは猪!実はまだ一頭も猪を捕獲していないのです。踏み板に糞をされたり、罠をほじくり返されたりと、散々な結果。一度、罠に掛かっていたことがありましたが、トドメを刺そうとハンマーを振りかぶった瞬間、反対方向へ突っ走りそのままワイヤーを切って逃げられた悔しいことも。そういえば4mmのワイヤーをぶった切って逃げていったヤツもいました。連戦連敗の猪との知恵比べ、あと一日で一矢報いたいところ。

 そんなヤル気満々で見回っていると、畑には無数の鹿の足跡。またきやがったか・・・と思うものの、なんだか様子が変なんです。隣接する竹林から伸びた足跡は、畑に少し入ったところで突如、向きを変えて竹林へと戻っていました。なんだろう?と思って罠をチェックしてみると、畑の横にしかけた罠のひとつが作動していました。また空弾きかぁなんて見てみると罠の土台だけしかありません。あれ?と思ってワイヤーを固定している竹を見てみると、ワイヤーがビクビクと動いている!かかっとるやないかい!と恐る恐るワイヤーを辿って行くと、獲物が掛かっておりました。

a0176707_20173049.jpg

 角が生え始めたばかりの若い雄。猟期終了間近になってイタリアングラスを食いに、新しい群れが入って来た様子でした。あくまで予測ですが群れが畑に侵入した時、後から入って来たこの鹿が罠に掛かり、それに驚いた他の鹿が慌てて逃げていったのではないかな?と考えています。

 何はともあれ、有害鳥獣対策。自らの手で奪った命に感謝を込め、今宵の晩ごはんは鹿肉三昧でした。しょうが焼きも美味でしたが、香草焼きが思いのほか美味。もしかしたら香草で下味をつけ、パン粉をまぶしてカツレツにしたら相当いけるんじゃ?明日の晩飯はどうやら決まったようですね。

 一頭あれば当分肉には困りませんし、鹿毛も生え変わりシーズンで個人的には使えても商品としては出せません。同じ箇所に罠を設置すれば今夜も掛かる確率は高いでしょうが、よくばっても意味がない。猪が獲れなかったのは悔しいですが、ちょっと早い猟納めということで罠を全撤去いたしました。

 初めての猟期、色々とありました。師匠との別れがあり、一人きりでの狩猟がスタート。そんな孤独な猟でしたけど色々な猟師さんとの出会いがあり、たわいもない会話から知り合いもできました。今も「師匠が元気だったらなぁ」って思うことの連続ですけど、楽しいこともたくさんあります。先生もできました。来期はどんな狩猟シーズンになるのか楽しみです。ちなみに今季最後の鹿は師匠が作った罠に、僕が自作したワイヤーを組み合わせたコラボ品?いやぁやっぱ師匠の罠の性能のおかげですかね?狩猟という新しい世界に導いてくれた師匠に感謝しつつ、おろしたばかりの鹿肉を味わいながらふと猟期の思い出にひたってみます。
[PR]
by fly-tyer | 2013-03-14 20:45 | 狩猟:山野を駆回った軌跡