2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

お気に入りブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

人気ジャンル

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

【ドラマ仕立てのヤマメ釣り納め】

 今日は道具のメンテナンスでもしようかと。台風ですから釣りは諦めたというわけですね。ところがどっこい、朝起きてみると気持ちいいくらいの快晴ではありませんか。風も秋らしい涼しい感じ。気になって、電話で川の様子を伺ってみると、増水はしているものの笹濁りとのこと。ピンときました。増水時の魚の着き場には心当たりが。有無を言わさず、強制釣行デス。

a0176707_17595747.jpg

 昨日で釣り納めと満足していたのに、再びヤマメ熱が再燃してしまった大人が二人(笑。いつもお世話になっている「しゃくなげの森」の池辺さんと一緒に、今度こそ本当のヤマメ釣り納めデス。

a0176707_188214.jpg

 増水しているときは、水没した大岩に必ずヤマメが着く。目を付けていた岩の周囲を偏光グラス越しに除いてみると、いましたいました。さっそく師匠の鹿毛で作ったXカディスをちょいと一流し。待ってましたとばかりに浮上して、フライをパクリ。幸先のいいスタート。ところがどっこい、思った以上の増水で流れがきつく、フライを見せる時間が短すぎる場所ばかり。

 こりゃぁあそこしかない。増水時に本筋をまたいだ場所に、緩い流れができる場所。さらに緩い流れの手前には大石があり、巻き込みが発生しているという難場所。とにかくライン操作が忙しく、フライを流すのがめちゃくちゃ大変。しかし増水時、いつも大きいヤツが必ず居つく。フライはもちろん師匠の獲った鹿をつかったディアヘアカディス。ポトリとフライが落ち、細々とあわただしくライン操作をしてフリーに流す。巻き込みの脇にフライが差し掛かった瞬間、バシャリとヤツがフライに食いついた。

a0176707_1848337.jpg

 増水した流れに乗り、あちこち走り回る魚。ティペットが切れないよう慎重に岩や流れをかわしていくと、どっしりとした重量感のあるヤマメが姿を現す。でけぇ!ネットに入れてサイズを計測。なんと35cm!渓流の流れ(堰堤はカウントせず)でドライで出したヤマメの自己記録更新。

a0176707_18563751.jpg

 師匠やりましたよ!最後の最後で、でっかいヤマメ釣りましたよ!写真を撮っていると雲が流れ、水の流れが響き渡る渓に晴れ間が差し込めました。天国からおめでとうって言ってくれたのかな?そんな気分になるひと時でした。ちょっと出来すぎだったなぁって今は思いますけど(笑。

 先月、同じ歳ながらも落石事故で他界したT君。彼と出会い宮崎の釣り場に魅了され、釣りがしたいだけで僕は移住してきた。一昨日、急逝してしまった師匠に出会わなければ、狩猟免許もキュウシュウシカもきっと無縁だっただろう。 この35cmのヤマメは僕が釣ったんじゃない。色々な方達との出会いが重なって釣れた一尾。こんなにも最高の釣り納めができたことに感謝。青空の向こうにいるであろうT君と師匠に、そっと「ありがとう」そうつぶやいた漁期最後の秋の渓流でした。
[PR]
by fly-tyer | 2012-09-30 19:08 | 釣り:釣り歩く日々の記憶

【人生で最も濃いヤマメシーズンでした】

 2012年のヤマメ解禁も、明日9/30をもって終幕。あいにくの台風接近で様子を伺いながら、土日のいずれかを狙って今期の釣り納めを企てておりました。何としてでもキュウシュウシカを使った毛鉤で、今期のヤマメ解禁を終えたい。強い想いにはワケがありました。

a0176707_2014381.jpg

 師匠が獲った鹿を使った毛鉤、不思議と釣れるんです。僕がなめし加工しても鹿毛が痛まないから、きっと丁寧に獲物を運んで解体してくれてたんじゃないかなと。そんな弟子想いの優しい師匠ですが、昨日の朝、急逝されました。猟銃等初心者講習の受講申込みをしたという報告の後でした。

 正直、ヤマメの釣り納めは辞めようって考えました。でも最後のお別れの前に「師匠が獲った鹿を使った毛鉤は、本当によく釣れるんですよ!」そう報告しないと。だから冷たい雨が降る中、鹿毛鉤を詰め込んで渓流へと向かいました。葬儀前の釣り。不謹慎かもしれない。でも師匠はいつも言ってた。如何なる時でも趣味に夢中であれ、人生楽しまなきゃと。

a0176707_2015526.jpg

 ちょうど一ヶ月前、宮崎移住のきっかけとなった同じ歳のT君が釣りの最中、落石事故に遭い他界されるという出来事があったばかりでした。T君と出会い宮崎の釣り場に惚れ、師匠と出会い狩猟への道を歩み始め、僕らしいちょっと偏屈だけど、自分にしかできないような生活スタイルが確立しはじめたこの一年。今期最後のヤマメ釣りは、特別な想いとともに始まりました。

 それまで水面を騒がせていた雨もいつしか優しい雨へと変わり、時折、ヤマメのライズがありました。師匠が獲ってくれた鹿毛を使ったカディスパターンを、そっとライズへと送り込む。何の疑いも無く、次々とヤマメがフライへと反応してくれました。今まで経験したことのない、怒涛のライズ反応でした。1投1ヒット。きっとT君と師匠がヤマメをけしかけてくれたんでしょうね。

a0176707_202810.jpg

 綺麗な魚体のヤマメ達。こうしてほんの1時間半の釣り納めでしたが、いつも以上に充実感のある釣行になりました。彼らと出会い大きく変化した僕の人生。彼らの想いを胸に、フライロッドを罠に持ち替え、11月の狩猟シーズンに備えなくっちゃ。T君、師匠、本当にありがとうございました。これからも支離滅裂な僕のフィールドワーク、あきれるかもしれないけどそっと見守ってください。
[PR]
by fly-tyer | 2012-09-29 20:28 | 釣り:釣り歩く日々の記憶

【猟場を探して駆け巡る!】

 本年度の猟期までおよそ一ヵ月半。来る11月15日の狩猟解禁に向け、着々と準備を始めました。今年は罠猟のみとなりますが、銃と違って制限区域が無く、罠専用の猟場があるのが嬉しいところ。猟犬が間違って罠に掛かってしまう心配がほとんどありませんからね。

 とりあえず猟場を知らなければ始まりません。今のうちに猟場を把握し、獣達の息吹を感じ取っておく必要があります。そこでどれだけ近くに猟場があるのか、鹿や猪に遭遇した場所を中心に、ちょっくらドライブがてら山間部をウロウロしてまいりました。なんだか宮崎に来た当初、釣り場を探してあちこちウロウロしたのを思い出しますね。こうやって自分の足で猟場を探すのも楽しいもんです。

a0176707_80711.jpg

 よく山野でこのような赤い標識を目にすることがありますね。これは銃が規制された猟場で、罠による狩猟が可能な区域を示すものです。要するにこの区域では銃使っちゃダメ!ってこと。他にも鳥獣保護区と記載されたものもよく見ると思いますが、保護区では一切の猟が原則禁止になります。

 しかしまぁこの標識、自宅から15分ほどの山間で偶然発見!朝のニジマス釣り場と同じ距離っていうのに驚き。これは毎朝、罠の見回りをしなさいという神様の思し召しなのか。色々調べてみるとこの辺りは鹿や猪の猟場として、かなりの区域が開放されていることが分かりました。

a0176707_861347.jpg

 肝心の獣達の息遣いもしっかりと確認。手っ取り早いのは獣道を探すことですね。この足跡は恐らく鹿で間違いないハズ。比較的新しいのかな?まだ経験が浅すぎるので、いつ頃、通った足跡かまでは全く持って検討がつきません。経験を積むと土の柔らかさや湿り具合、足跡の深さなんかで、いつ頃出来たものかを把握できるそうです。うーん・・・早くそうなりたい!免許に合格したからといって終わりではなく、効率的かつ確実に獲物に出会うには、まだまだ勉強が必要みたいです。
[PR]
by fly-tyer | 2012-09-28 08:10 | 狩猟:山野を駆回った軌跡

【次なるステージへ進む】

 罠猟免許の合格発表から束の間、次なるステージへと進むべく猟銃等初心者講習会への申込みに行ってきました。猟銃による狩猟を目指すためには狩猟免許の他に、警察による銃の所持許可を得なければなりません。この銃の所持許可までの道のりは長く、第一段階に初心者講習の受講があるわけです。しかもこの初心者講習では午前中に講習を受けた後、当日の午後にいきなり試験という難易度の高い講習。近年は銃刀による犯罪も増加傾向にあるため、試験問題の難易度が上げられ合格率は非常に厳しいようです。

 この初心者講習に合格すると、空気銃の場合は所持申請が可能になります。しかし散弾銃の場合は射撃教習を受講しなければならず、これも合格しなければなりません。今回はまずは第一段階であります猟銃等初心者講習会の申込みとなります。

a0176707_12175688.jpg

 地元の鉄砲店で必要書類を作って頂き、そのまま警察署の生活安全課へと行きました。所持目的や家族の同意など質問をされ、問題なく受け付け終了。通知書とテキストを頂き、無事に受講申込みできました。

 実は、講習会の日程を知ったのが昨日、罠免許と同じくギリギリの申込みでした。もっと余裕もたんといかんですね。でも今できる事、やっておかないのは後悔する。改めてそう痛感いたしました。講習に間に合ったことを師匠にご報告しようと思ったのですが、意識が無く目も開かない状態になっているそうです。狩猟免状もまだ見せていません。まだ可能性はあるはず。かならず回復されることを祈り、きっと合格を報告できるよう今一度、必死に勉強に励もうと決心しました。
[PR]
by fly-tyer | 2012-09-27 12:26 | 狩猟:狩猟への道

【キュウシュウシカ 各種ヘア完売御礼】

 おかげさまをもちまして、キュウシュウシカの各種ヘア完売となりました。まことにありがとうございます。宮崎は温暖な気候ということもあり、鳥獣の換毛期が少し遅めです。このため猟期になりましても安定した冬毛が供給できない恐れがあり、入荷が未定となっております。

a0176707_10534518.jpg

 猟期が始まり次第、キュウシュウシカの捕獲を始めます。ヘアの質を見ながらご提供できると判断いたしましたら、改めてご案内いたす予定です。ご迷惑をおかけいたしますが、天然ものにつきなにとぞご容赦ください。なお今後はキュウシュウシカ以外にもイノシシやアナグマ、タヌキなど、国産の獣毛系マテリアルのご提供も予定しております。そちらも併せてご期待ください。
[PR]
by fly-tyer | 2012-09-25 10:55 | 釣り:タイイングマテリアル

【新米罠猟師本日誕生なり】

 いやぁ受かっている自信はありました。でも試験当日の記憶が色褪せていくと共に、だんだん自信喪失し「落ちたかも・・・」だなんて不安になっていたり。鳥獣判別もしかしたらミスったかも・・・・罠の架設ちゃんとできてたっけ・・・まぁ色々と不安要素が出てくる出てくる。

a0176707_1081979.jpg

 鳥獣判別の最初の問題はニホンジカ。オスのイラストを見せられ、迷わず「ニホンジカ」と回答。テキスト見るとオスメスで別々の表記になっているから、もしかしたら「ニホンジカのオス」と答えるベキだったか?まぁこれ間違えても他のは自信あるから大丈夫!ここはマテリアルを扱う毛鉤職人としては、動物の種類はお手の物です。問題は罠の実技試験。法定猟具の判別ですが、これも簡単。例題および読本通りで問題なし。最大の不安だったのが罠の架設。架設は完了したので、最悪のケースは架設の不完全。うーん、怪しいと思われる箇所の点数は22点。まぁなんとかいけるかな・・・・。

 そして今朝方、ようやく試験結果の発表でした。長かったー。2週間近くも待つなんて思ってませんでした。いやぁ都道府県によっては即日発表&即日免状交付ですからね。んでドキドキしながら発表場所まで赴き掲示板で合格発表の紙を発見。自分の受験番号は「2019」。

a0176707_1017562.jpg

 お?おお?おおおおおお!!!!

a0176707_10185781.jpg

 あったああああ!!!不安もなんのその、いやぁ受かると思ってましたっ!あはは。ちょっと色々あったから感動して涙しちゃいました。今日より罠猟師としての資格が加わりました。新米の罠猟師、ここに誕生でございます。さぁシカにイノシシにアナグマに・・・・待っていろ!とまぁ気合を入れたところで、多分、自然の知恵に翻弄されまくるんでしょうが(笑。

 狩猟免状は後日郵送とのこと。受かったからと言って終わりではないんですね。狩猟者登録や入林山許可申請、狩猟税とか色々手続きが・・・面倒なので猟友会にお願いしちゃいマス。とりあえず罠猟免許の合格のご報告でございました。
[PR]
by fly-tyer | 2012-09-24 10:23 | 狩猟:狩猟への道

【カニ祭りorバッタ祭り】

 宮崎では彼岸花祭りや花火大会、伊勢海老祭り、クラシックカーフェスティバルと秋祭り真っ只中。んじゃぁ自分もということでカニ祭りでもいこっかなぁと、面倒なカニパターンを量産。

a0176707_8592649.jpg

 昨日の雨でうっすら濁りが入っているだろうから、河口辺りが面白いかなぁと思いつつ・・・。あぁ川も状態いいかもという思いがよぎり、バッタ祭りもいいなぁと。ヤマメはもうすぐ禁漁だけど、クロダイも捨てがたい。さてどうしたものか。なんかコロダイも入っているらしいんだよねぇ・・・。悩む!
[PR]
by fly-tyer | 2012-09-23 09:01 | 釣り:フライパターン

【またもや掘り出し物!宮崎牛最高!】

 幻の牛肉とか霜降りの芸術とか呼ばれるのが、一頭からほんのわずかしか採れない「ミスジ」。小さかったり薄かったりすると安いんですけど、ステーキにできそうな厚みのあるやつって少ないから高い。焼肉屋いくとべらぼうな値段だって聞いた記憶があるような。

a0176707_1701327.jpg

 そんな幻が精肉コーナーに。おぉ宮崎牛のミスジとな!こりゃうまそうだが、高いんじゃねぇか・・・あれ?またもや何かがおかしい(笑。いや、通常の値段も他の部位に比べたら高いけど、やっぱりおかしい!40%引きシールが僕に呼びかけていたので、嫁に内緒で買い物カゴにご招待いたしました。

 すっかり牛肉ネタばかりの今日この頃。まぁ食欲の秋っつーことで。塩胡椒ふってささっと焼いてステーキですね。本当、宮崎生活楽しくて仕方ありません。もうすぐ移住1年ですが、まだまだ新しい発見の連続で、いつまでたっても新鮮な毎日です。
[PR]
by fly-tyer | 2012-09-19 17:07 | 日常:日々の食卓・食材

【地産地消!今日も牛肉元気イッパイ!】

 夕時のスーパーは宝探しゲームですね。漬物が無くなったついでに、夕食後の買出し。なんで夕食後かって?そりゃお腹いっぱいですから、余計な食材を欲しくならんという理由デス。まぁでもついついね・・・。

a0176707_19185591.jpg

 和牛ブロック肉2つで500gちょっと!うん、カレーとビーフシチューってところですかね。表面を強火で炙って叩きもいけそうだし、ローストビーフにゃ贅沢すぎかな。ちなみに夕時の半額セール!2ブロックで¥500しませんでした。宮崎牛じゃなくて和牛ってだけで、さらにお値打ちになってしまう。ちょいとスタミナつけて冬の猟記に備えないといけませんからっ!
[PR]
by fly-tyer | 2012-09-18 19:22 | 日常:日々の食卓・食材

【野生のラン?それとも?】

 なめし小屋の脇に生えている柿の木に、なにやら見慣れぬ植物が。随分と古い木なのでシダやら生えてはいるんですが、なんか肉厚の葉と太い根が特徴的な草がひとつにょきっと。

a0176707_1553594.jpg

 おもいっきり日差し浴びて分かりづらい(笑。どうも根と葉の特徴からして、ランの一種だというのは間違いなさそうですねぇ。木に生えるって事は鳥の糞に種が混じっていたのかな?いやはや庭の木に、ランが生えてくるなんて考えたこともありませんでした。
[PR]
by fly-tyer | 2012-09-18 15:54 | 日常:身近に感じる自然の鼓動