2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

【フタスジモンカゲロウ フローティングニンフ】

 クレセントメイフライと同時進行でテストを続けていたのが、フローティングニンフ系のパターン。これから羽化をしようと水面に浮上した段階のニンフですね。まぁイマージャーとして使えますがニンフの体色を意識してタイイングしておりますので、フローティングニンフということで落ち着きました。

a0176707_19132097.jpg

 好きですねぇエクステンドボディ(笑)。エクステンドボディのいいところは、フックサイズを落とせるっていうところ。フライの軽量化ができますから、個人的には#16位までのメイフライ系パターンではよく使う手法です。

 さてこちらはフタスジモンカゲロウのフローティングニンフ。ウィングケースとウィングのCDCだけを浮かせ、ボディが水面下に来るように使います。テールはフェザントテール。腰の辺りに当たるエラのフワフワは各フェザーからとれるウェッブを使っております。フックはワンサイズ下げたものを使い、ソラックスのダビングをかき出して存在を薄く。浮力を持たせる箇所が少ない為、フックの軽量化はデカイってのもあります。

 このような見やすいウィングを取り付けたフローティングニンフですが、魚がフライを見に来てもじっと見て食わないやつはウィングに違和感を感じ取っている場合が多いです。シャックを食っているやつも同様。このようなケースはウィングをギリギリでカットするか、先端をマルチグルーなどで接着して細長くすることで対処。シャックを偏食するヤツにはウィングは無いほうがマッチするようで、ゆっくりとフライにライズしてくれます。

 余談ですが、エクステンドボディでシャックフライを作る場合、島崎さんのホローボディが実に効果的。ボディに透過性を持たせたいのでカポックは極力薄く。シャックは光を反射してキラキラしますので、パール系のラメ入りのマニキュアなんかを塗るのも良。中空なので浮力もございますね。

a0176707_2327106.jpg

 誤解招くとイカンので一般的なカラーを。最初の写真は羽化直前に体色が鮮やかになって透けている状態でリブは黒よりタンとか茶のがリアル。黒にしたのは強調するため。んで、こちらのブラウン調のは浮上したての状態。


完成フライ専門店 Fly-Crafting Graham
[PR]
by fly-tyer | 2011-06-30 19:32 | 釣り:フライパターン

【クレセントメイフライ補足】

 フライを考える時、必ず念頭に置くのが“いかにも釣れそうな雰囲気”と“本当に釣れる実力”という2つの点。1つ目の条件である「釣れそう」と言う点は、デザインする上では非常に簡単。子供の頃と同じように、紙にちょちょいとお絵かきすればよろしいのであります。

 ところがそのお絵かきゴッコでデザインしたものを、羽や毛等のフライマテリアルで表現しようとすると一苦労。これが中々上手くいかないんですなぁ。ようやく上手く表現できたとしても水面での姿勢など、使用面での課題があります。

 風呂場でのぼせながらフライを泳がせたり浮かせたり。はたまた潜って水中から眺めて魚の気分になったりと。風呂に羽が浮いてる!と何度、嫁に怒られたことか。こうやって世の中のフライマン達は家族が入った後の仕舞い湯に浸かるようになるんですよね?違うか。

 家族の冷たい視線をこらえ、姿勢等の条件を何とかクリアしたらいよいよ実際のフィールドでテストってワケです。一度行って釣れたら「ハィ完成!」ってワケにゃいきません。何度も通ってフィールドテストを繰り返し、その時々の状況を書き留めて改良点を潰していく。僕の場合は最低でも3シーズン試しますから、少なくとも発表までに3年を要します。

 女性もそうだし魚もそう、フライだってあせっちゃダメ。同じようなフライが出てきても「やられた!」だなんてちっせぇこと思いなさんな。そこで“後だしジャンケン”するようなら世の中からは“まねっこ”としか映りませぬ。僕なんざぁ「同じ考えの人がいたんだ」とか「あの御仁と同じ考えだったのか!」なんて舞い上がりますケドね。えぇ、ミーハーですから。

続きを読む・・・・・
[PR]
by fly-tyer | 2011-06-28 18:01 | 釣り:フライパターン

【 忍野 嫁の初自然河川 】

 ころころ変わる予報と睨めっこしつつ、結局、22日の天気がいい日に直前に予定変更。どーせ晴れっていったって雨降りそうな天気になんだろーと思ってたら快晴。最初は桂にしようかと思ってたけど、ウェーダー履くのも嫌なくらい暑かったので、もう忍野一箇所でいいやということで朝6時半くらいから忍野に出没してました。

a0176707_10424411.jpg

 変人、忍野に久しぶりに舞い降りる。虫除けスプレー強かったのかな?ブヨも蚊も全然見かけることなく、虫指されなしで快適ですた。まぁ暑かったケド。とりあえずヘタレなので日陰に逃げながら釣り歩いておりました。

 普段ならあんま渓流の釣行ネタは載せないのですが、予想以上に楽しめたので今後の釣行予定の目安にでもってことで。今回は嫁の初自然河川デビューってことでマッチザハッチというよりもマッチザベイトに近い釣り方が主体でございます。ライン操作もできずフライが引っぱられまくる嫁が果たして釣れるのか。それよか最終テストということでフタスジパターンを試すのが最大の目標。

続きを読む・・・・・
[PR]
by fly-tyer | 2011-06-23 12:45 | 釣り:釣り歩く日々の記憶

【クレセントダンでフタスジモンカゲロウを巻いてみる】

 黒い縞々がセクシーなフタスジモンカゲロウ。真夏のイブニング時、水面に何か浮いたかな?と思ったら、一瞬のうちにクリーム色の物体がパタパタと飛び立つ。夕暮れ時のフタスジモンカゲロウのハッチって、なんだか幻想的に思うのは自分だけでしょうかね?

 フタスジモンカゲロウくらいのサイズになってくると、フックサイズをあまり上げたくないのでエクステンドボディを使っています。エクステンドの方がセクシーな曲線を表現しやすいって点も。僕が好んで使うのはCDCウィングとヘアウィングの2種類。

a0176707_10273878.jpg

 CDCをウィングに使ったスタイル。軽いけれど寿命がネ・・・・釣った後の処理とかネ・・・・。まぁフタスジにライズしているヤツにはかなり効くフライです。ウィングはやっぱりダークダンとか、暗めの色がよろしいようで。ホワイトとか本物に似せてペールイエローとか使うと、プレッシャーの高いアソコとかアソコでは魚にそっぽを向かれてしまう。

a0176707_10305053.jpg

 こちらはヘアウィングスタイル。ブリーチしたエルクヘアをウィングに使っています。量は少しだけ控えめ。CDCより反応は劣るけれど、よほどプレッシャーの高い場所以外は反応にあまり大差ないかも。ウィングが明るいから視認性はこちらのがよろしいし、寿命に関してもこちらが上。

 ちなみにどちらのスタイルもストークの細いCDCをウィングの付け根に3回ほどハックリング。これでスタビライザーとしての役割を持つので、フライの安定度が増すってワケ。しかもソフトに水面を捉える。ハックル嫌いな魚でも、これなら安心ってワケでございます。タイイングは簡単なので、ボディさえ量産しとけば一気に巻けてしまうフライ。





完成フライ専門店 Fly-Crafting Graham
[PR]
by fly-tyer | 2011-06-21 10:37 | 釣り:フライパターン

【マラブーパターンといえばアオミドロ!】

■ Aomidoro : Originated by 野崎 茂則氏

a0176707_1816517.jpg

 マラブーを使ったストリーマーは数多くありますが、使用頻度の高いストリーマーのひとつにアオミドロがあります。ご存知、芦ノ湖の湖畔でショップを営む野崎茂則氏が考案したストリーマーです。非常にタイイングバランスが難しく、見た目を似せるだけではただのマラブーの塊と化してしまいます。

 悲しいことにこのアオミドロの模造品を販売するタイヤーが多いんですなぁ。「マラブーミノー」や「マラブーストリーマー」などと名前を変え、本物とは比べ物にならないほどのオーバーボリューム。せっかくの名作が巻き手によって駄作になっている典型的なケースです。くれぐれも偽物にはご注意ください。ちなみに本物のアオミドロは野崎氏のショップで販売されておりますので、ぜひ一度、手にとって見てください。

 さて、そんなアオミドロ、リトリーブの釣りでは欠かせません。マラブーパターンはアオミドロしか使わないってこともございます。そんなアオミドロのタイイングをご紹介いたしましょう。ご本人が紹介するワケではございませんので偽物、まぁ亜流ということでご容赦くださいな。

続きを読む・・・・・
[PR]
by fly-tyer | 2011-06-18 20:57 | 釣り:フライタイイング

【 フェザントテールニンフ (原版)のタイイング 】

■Pheasant Tail Nymph (Sawyer's version)
Originated by Frank Sawyer

 ニンフの代表格であるフェザントテールニンフ。様々なスタイルのバリエーションが考案され、ゴールドリブドハーズイヤーニンフと並んで馴染みのあるニンフパターンですね。そんな数あるバリエーションの中でも原型となっているソーヤーニンフのタイイングをご紹介いたします。

a0176707_9143458.jpg

 まずは完成図。あらゆるバリエーションと異なる点はいくつかありますが、個人的にナルホド!と思ったのがレッグを表現しないシルエット。これはニンフが遊泳するとき、脚を完全に折りたたんで(体に密着)遊泳するという特徴を反映させたとされています。そしてスレッドを使用せずにワイヤーを使ってタイイングするという点もこのフライならではでございますね。ウェイトを施さなのでスリムに仕上げやすく、ワイヤーを使うことで適度な重さを持たせ水に馴染みやすいというワケです。切れやすいマテリアルの弱点も同時にカバーできます。さそれでは・・・・

続きを読む・・・・・
[PR]
by fly-tyer | 2011-06-18 09:56 | 釣り:フライタイイング

【フェザントテール】

 フライマテリアルでフェザントテールとして売られているのは、リングネックフェザントと呼ばれるキジのオスから取れる尾羽です。マテリアルとしてはテールやボディ等に使われ、中でもフェザントテールニンフのマテリアルとして有名です。主に市販されているのは数本生えている尾の中でも中心部に生えているセンターテールと呼ばれる部分ですね。

a0176707_14253131.jpg

 これがフェザントテール。コックフェザントのセンターテールです。タイイングレシピにフェザントテールと表記されていれば、このマテリアルを指すワケですね。天然素材だけあって模様も様々。裏側を見てみると・・・

続きを読む・・・・・
[PR]
by fly-tyer | 2011-06-17 14:57 | 釣り:フライパターン

【NZで教わったウェットのようなスメルトパターン】

 NZの北島にあるタウポ湖。その流入河川の河口があるクラタウアという場所に入り浸っておりました。そこで知り合ったのがハイシーズンになるとオーストラリアから長期滞在し釣り三昧を満喫していたご老人。オーストラリアのプロのフライフィッシャーらしく、いかにも優しい紳士といいますか、あっという間に仲良くなりました。とにかくよく釣るんですよ。このご老人から受けた影響は大きかったですね。そんなお師匠とも言える御仁に教わったフライがあります。

a0176707_11533664.jpg

 スメルトパターンという名前のフライ。ストリーマーといいますかウェットといいますか。ハックルティップを4枚ほどテールに使い、ボディはパールのティンセル。あまったハックルを1枚、フロント部にハックリングしたシンプルなフライです。

 使い方は流入河川の流れに乗せてカケアガリへと送り込む。フライを流しきったらゆっくりとリトリーブ。これの繰り返し。ほとんどの場合、フライを送り込んでいるときに「グググッ」と手元に感触が伝わってきます。まるでウェット。コレ日本でもかなり効果的。河口湖なんかの流入河川や放水路なんかで使えます。流されてきた小魚を捕食しに来たマスを狙うといったところでしょうかね?

 ちなみにスレッドはピンクがキモ。なぜかピンクスレッドのものが一番反応がよろしかったです。ウェイトはなし。フローティングラインと組み合わせて浅いタナを狙います。

 あちらではマテリアルが安かったのでガンガン、ハックルティップ使っていました。ハックルファイバーでも問題ありやせんので、あまったハックルを再利用すれば無駄がございませんな。


フライフィッシングショップなごみさん
完成フライ専門店 Fly-Crafting Graham
[PR]
by fly-tyer | 2011-06-17 12:07 | 釣り:フライパターン

【ジャングルコックのフェザーを使ったストリーマー】

 ジャングルコックというと独特の模様を持つアイと呼ばれる部分をストリーマーやウェットに使うことが多いマテリアルです。しかしまぁあんなエナメル塗料を塗ったような模様、どうやったら生えてくるんですかねぇ?まったく生物の神秘ってーやつぁ分かりません。

 ちなみに野生のジャングルコックは捕獲が禁止されておりますので、流通しているものは養殖されたもの。飼育は難しいそうですよ。気性が荒いのである程度のスペースを確保し、各々に専用の飼育場所が必要だとか(別々にせんとケンカ等して羽が痛むゆえ模様が割れまくってしまう)。しかも繁殖ペースが普通の鶏に比べると果てしなく遅い。量産するには膨大な飼育施設、資金、時間がかかるっちゅーワケですね。そりゃ質のいいものになると3万円するのも納得ですわ。ちなみに動物園などでまれに展示されているので、実物見たい方は家族サービス兼ねてお出かけを。

 ところでアイだけを使ってしまった後、残ったフェザーはどう使っておられますでしょう?独特のマダラ模様が入ったものや、ふちが白っぽくなったフェザー、先端にかけて茶色を帯びたものなど色々なものが取れます。これらのフェザーはマツーカーのウィングやウェットのハックルなどに使うと雰囲気のあるフライができます。例えばマツ-カーなんかだと・・・

a0176707_1139939.jpg

 こんな感じのパターンに仕上がります。これめっちゃ効果的なんです。湖のトラウト狙いには必携パターンとして必ず本数とサイズ揃えて持ち歩きます。このフライの前方部分をマドラーミノーのようにスパンヘッドにしたものも良。むっちゃハゼ!シルエットになります。余談ですがこのパターン、なぜかメバルに大変効果的。理由は・・・分かりません!

 このジャングルコックのショルダーフェザーですが、ショップによってはショルダーフェザーだけをパックしたものが売られていることがあります。高いから作りたいけどなぁ・・・と思っている方は、ショルダーフェザーだけのパックを探してみてください。




フライフィッシングショップなごみさん
完成フライ専門店 Fly-Crafting Graham
[PR]
by fly-tyer | 2011-06-17 11:44 | 釣り:フライパターン

【ソルトパターン納品完了のお知らせ】

 あまり取扱店等の宣伝はしないのですが今回は特別。横浜の都筑区にありますフライショップなごみさんにソルトパターンを数種類納品いたしました。店主の遠藤さんは同じ歳。小規模ですが顔の見える店として多くのお客さんが足を運んでいます。初心者の方でもスクールなど利用しやすく、ブログのリンク先でもお馴染みのディープな方々もごひいきにされているようで。何かと暗い話題が多い業界ですけれど、若い連中だってガンバッテマス!てなことで特別にご案内させていただきました。

 当方、ネット中心の住民みたいなものですから、直接フライをご覧になる機会もあまりございませんので、お時間のある方はぜひ足をお運びくださいませ。

フライショップなごみ さん
http://www.nagomifish.jp/
[PR]
by fly-tyer | 2011-06-16 20:17 | 雑記:お知らせ