2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

マラブーを使ったボディの巻き方

 柔らかい動きが特徴的なマテリアルであるマラブー。管理釣り場でのリトリーブパターンに縁の深い素材ですね。動きが大変よく豊富なカラーバリエーションが揃っていますが、残念ながら強度的には弱いという一面もあります。マラブーをボディに巻いたパターンでも補強されていないものは魚が加えるとプチプチとほつれて、あっという間に使えなくなってしまいます。しかーし、ちゃんと補強しながらタイイングしてやれば、よほどのことが無い限りボディが壊れてしまうということはありません。

a0176707_10251367.jpg


 使うマラブーは質のいいものがよろしいです。写真のようなもの(平均的に使えるグレード)であれば問題ないですね。根元に近い1の部分はテールに、2の長い部分はボディやウィングに使っています。先端部はフサフサ感がありませんが、ウィング材として使うことができます。ちなみにパッケージをあけるとこんなものが入っていることがありますよね・・・・。

a0176707_10282047.jpg

(´・ω・`)ショボーン

 どうしろと!これじゃぁ使い物になりません。僕の場合は一度水道水で洗いながらほぐし、扇風機などで風を当てながら乾燥させてリメイクして使っています。それでもやはり違和感があるので商品には使えず、自分で使うフライの材料と化しております。質のいいものはお客さんのフライに、質の劣るものは自分のフライに。タイヤーの性です。

 さてさて壊れにくいボディの巻き方ですが・・・・その前にひとつ。マラブーを使ってボディを巻いても、うまくフサフサを出すことができませんよ!という方が多いようですね。フリューを潰さずにタイイングするにはちょっとした工夫次第で簡単にできてしまいます。でもマラブーっていうのは本当に質に左右される素材でもあります。使うマラブーはモサモサ感のある綺麗なマラブーからとるようにしてください。

a0176707_10374519.jpg


 一通りマテリアルを取り付けた後、ボディに巻くマラブーを取り付けます。次にボディーに巻くマラブーを写真のようにスレッドの上に広げちゃってください。写真だと分かりづらいですね・・・・。

a0176707_10395184.jpg


 そうしましたらスレッドごとマラブーをねじってみましょう。あら不思議!マラブーがいい具合にモサモサしましたね。このままボディに巻いてみましょう。

a0176707_10413829.jpg


 下地が見えないようにしっかりとスレッドごと巻いていきます。ねじれが戻ってしまわないように注意!マラブーがねじれたままフックに巻いていくことで、綺麗にフサフサのボディを作ることができます。スレッドと一緒に巻いているので、そこそこの強度も確保できてるんですね。ヘッド部でスレッドからマラブーをはずして固定したら、次はさらに強度を増すためにワイヤーでリビングを施していきましょう。

 せっかくフサフサボディに仕上げたのに、リビングでフリューを潰してしまっては意味がございません。どうやらこの過程でフリューを潰してしまう方が多いようですね。まず使うワイヤーは太過ぎないように注意です。ワイヤーの太さ的にはX-Fineあたりが無難でしょうか。

a0176707_10481425.jpg


 ワイヤーを巻くときは基本的にボディに巻いたマラブーと逆方向からクロスさせるように巻くと強度バツグンです。同じ方向で巻いても間隔を買えてやれば問題ないでしょう。まずはフリューを逆撫でして立たせます。そしてワイヤーがフリューをよけながら巻いていくようにします。ワイヤーを巻くときは矢印の方向にワイヤーを細かく前後に動かしながら巻いていくのがコツです。フリューをよけながら進むので、潰してしまう心配がないんですね。

a0176707_10445858.jpg


 リビングがおわったらヘッドで余分に一回転させてからスレッドで固定します。余分に巻くことで今回は関係ありませんが、MSCのようにダビング材などをピックアップするパターンの場合、ニドールでワイヤーを引っ張ってしまいぬけてしまう心配が減りますよ。
[PR]
by fly-tyer | 2010-10-29 10:20 | 釣り:フライタイイング

きれいなストリップドピーコック!

 フリューを丁寧にそぎとったストリップドピーコック。ストリップドピーコックを使ってボディを巻き上げる手法は、虫らしいシルエットを出す方法としては定番ですね。自分がタイイングするパターンの中でも、ミッジ系のフライで多用しています。コカゲロウを意識したダンパターンにも頻繁に使っています。

a0176707_23254856.jpg


 もっともメジャーなのがこのミッジピューパではないでしょうか。白黒のトーンがハッキリとしたクイルは、虫がもっている体節を見事に演出してくれます。いつ見てもきれいに模様が出ていると、魚以上にうっとりしちゃうのは僕だけでしょうかね?

 ところでよく耳にするのですが、この体節がぜんぜんうまく出すことができないという話。うまく出せないという人に共通している点があります。それは使っているマテリアル。ピーコックというところまでは正解なんですが・・・・。節をきれいに出したいならばこのマテリアルを使ってみてください。

a0176707_23365921.jpg


 そうピーコックハールではなくピーコックアイを使うんですね。ストリップドハールという言い方をされることもあるので勘違いしやすいですが、ほとんどの場合はピーコックアイを加工したストリップドアイを使っていると思います。この点は雑誌などに寄稿するときには本当に、双方ともに注意深く編集していただきたいなとおもうところでもあったり。

a0176707_23411562.jpg


 僕の場合はピーコックアイでも中央の青い模様が入っている箇所を好んで使っています。このあたりが一番納得のいくコントラストを持っているんですね。根元へ向かうにつれて白みが無くなり、全体的に茶色を帯びたクイルをとることができます。先端部はクイル幅が狭いので加工しにくいため、フリューをとらずにそのまま使います。

a0176707_2344592.jpg


 フリューを取り除く方法はいくつかありますね。消しゴムでこすったり、溶かしたろうをたらして固めてはがす方法などなど。僕がやっている方法は単純に爪でそぎ落としています。ピーコックハールと違ってアイの部分はフリューがそげにくいので多少力を入れますが、慣れるまでは力加減が難しいかもしれませんね。力が弱いとぜんぜん取れませんし、ちょっとでも力を入れるとブチッ!っといきます。ここは慣れるしかありません。

a0176707_23516100.jpg


 上の茶色いクイルがピーコックハールを加工したもの。下がピーコックアイを加工したものです。コレを使ってボディを巻き比べてみると・・・・。

a0176707_23522616.jpg


 左がピーコックハール、右がピーコックアイです。まったくの別物ですね。もちろんストリップドハールを使ったブラウン色のものはコカゲロウダンなんかによかったり。H&Lバリアントを巻くときもストリップドハールを使うと釣れそうな色気ムンムンですよ。まぁ使い分けができればフライの引き出しも広がります。

a0176707_23551796.jpg


 ちなみにピーコックアイを選ぶときは簡単に見分けられます。ピーコックアイの裏側を光に当てたときにアイの上部から裏側を見下ろすように見てください。より白っぽく光るもののほうが、きれいな模様が出やすいです。これはクイルの黒い節が表側にあたるため裏側が白い部分になるわけです。裏を見ればいいピーコックアイかどうか一目瞭然です。ぜひおためしあれ。
[PR]
by fly-tyer | 2010-10-15 23:23 | 釣り:タイイングマテリアル