2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:狩猟:狩猟への道( 6 )

【猟銃への第一歩】

 10/28に宮崎市にて、猟銃所持のための最初の試練でもある「猟銃等初心者講習会」が実施されました。この講習会、実際のところは考査といっていいです。午前中と午後に講習会があり、その後に1時間程度の試験があるんですね。猟銃所持への最初の関門でありますが、非常に厳しく最大の難関とも言えます。

 まぁ単純に考えてみれば、簡単に猟銃が所持できたら治安問題で非常に不安ですよね。受ける身としては正直なところ簡単な方がいいのですが、猟銃とかかわりの無い生活をしていたら難しくすべきと自分でも考えたでしょう。

 申し込んだのが先月の末。およそ一ヶ月、必死に勉強しました。そりゃもう狩猟免許以上に。講習会といってもさらっと復習のような流れで進みますから、事前学習しておかないとほぼ無理。とにかく問題は難しい。とくに言葉の言い回しがややこしいったりゃありゃしない。代表的なのが「正しい」「ふさわしい」「誤りでない」といった、問題文。多分、冷静に理解できるか試す思惑もあるんでしょうね。

 んで、本日の試験。いやもう真っ白デス。予想していた問題が一個も出ない!もう落ちたなと諦めましたよ。こんなこと書いてあった?というような内容やら、文中の言い回しやらでもうパニック。とりあえず分かる問題から解いていき、詰まったものは跡でゆっくり考えながら時間一杯やりました。

 そして採点の後、合格発表です。受かるか受からないか・・・まぁ受かればラッキー、落ちたら仕方ないといった気持ちでしたが・・・受験番号横の点数を見て呆然としました。


 受験番号5 100点 合格 はぃ?夢でも見てるのかと。しばらく信じられず唖然としていたら、警察の方によく頑張ったねとほめて頂きました。ようやく実感が湧いてきて・・・ちょっと涙ぐんでしまった。

a0176707_20222443.jpg

 無事に一発で合格!講習終了証明書をいただきました。もっと早く受けて師匠に見せたかったなぁ。そう思ったら色々こみあげて車の中で泣いてしまいました。帰りに師匠の家に寄ってご報告。あの悩んだ問題、きっと師匠が教えてくれたのかなぁ。

 ともかく、猟銃所持に向け、着々と進み始めています。
[PR]
by fly-tyer | 2012-10-28 19:13 | 狩猟:狩猟への道

【次なるステージへ進む】

 罠猟免許の合格発表から束の間、次なるステージへと進むべく猟銃等初心者講習会への申込みに行ってきました。猟銃による狩猟を目指すためには狩猟免許の他に、警察による銃の所持許可を得なければなりません。この銃の所持許可までの道のりは長く、第一段階に初心者講習の受講があるわけです。しかもこの初心者講習では午前中に講習を受けた後、当日の午後にいきなり試験という難易度の高い講習。近年は銃刀による犯罪も増加傾向にあるため、試験問題の難易度が上げられ合格率は非常に厳しいようです。

 この初心者講習に合格すると、空気銃の場合は所持申請が可能になります。しかし散弾銃の場合は射撃教習を受講しなければならず、これも合格しなければなりません。今回はまずは第一段階であります猟銃等初心者講習会の申込みとなります。

a0176707_12175688.jpg

 地元の鉄砲店で必要書類を作って頂き、そのまま警察署の生活安全課へと行きました。所持目的や家族の同意など質問をされ、問題なく受け付け終了。通知書とテキストを頂き、無事に受講申込みできました。

 実は、講習会の日程を知ったのが昨日、罠免許と同じくギリギリの申込みでした。もっと余裕もたんといかんですね。でも今できる事、やっておかないのは後悔する。改めてそう痛感いたしました。講習に間に合ったことを師匠にご報告しようと思ったのですが、意識が無く目も開かない状態になっているそうです。狩猟免状もまだ見せていません。まだ可能性はあるはず。かならず回復されることを祈り、きっと合格を報告できるよう今一度、必死に勉強に励もうと決心しました。
[PR]
by fly-tyer | 2012-09-27 12:26 | 狩猟:狩猟への道

【新米罠猟師本日誕生なり】

 いやぁ受かっている自信はありました。でも試験当日の記憶が色褪せていくと共に、だんだん自信喪失し「落ちたかも・・・」だなんて不安になっていたり。鳥獣判別もしかしたらミスったかも・・・・罠の架設ちゃんとできてたっけ・・・まぁ色々と不安要素が出てくる出てくる。

a0176707_1081979.jpg

 鳥獣判別の最初の問題はニホンジカ。オスのイラストを見せられ、迷わず「ニホンジカ」と回答。テキスト見るとオスメスで別々の表記になっているから、もしかしたら「ニホンジカのオス」と答えるベキだったか?まぁこれ間違えても他のは自信あるから大丈夫!ここはマテリアルを扱う毛鉤職人としては、動物の種類はお手の物です。問題は罠の実技試験。法定猟具の判別ですが、これも簡単。例題および読本通りで問題なし。最大の不安だったのが罠の架設。架設は完了したので、最悪のケースは架設の不完全。うーん、怪しいと思われる箇所の点数は22点。まぁなんとかいけるかな・・・・。

 そして今朝方、ようやく試験結果の発表でした。長かったー。2週間近くも待つなんて思ってませんでした。いやぁ都道府県によっては即日発表&即日免状交付ですからね。んでドキドキしながら発表場所まで赴き掲示板で合格発表の紙を発見。自分の受験番号は「2019」。

a0176707_1017562.jpg

 お?おお?おおおおおお!!!!

a0176707_10185781.jpg

 あったああああ!!!不安もなんのその、いやぁ受かると思ってましたっ!あはは。ちょっと色々あったから感動して涙しちゃいました。今日より罠猟師としての資格が加わりました。新米の罠猟師、ここに誕生でございます。さぁシカにイノシシにアナグマに・・・・待っていろ!とまぁ気合を入れたところで、多分、自然の知恵に翻弄されまくるんでしょうが(笑。

 狩猟免状は後日郵送とのこと。受かったからと言って終わりではないんですね。狩猟者登録や入林山許可申請、狩猟税とか色々手続きが・・・面倒なので猟友会にお願いしちゃいマス。とりあえず罠猟免許の合格のご報告でございました。
[PR]
by fly-tyer | 2012-09-24 10:23 | 狩猟:狩猟への道

【狩猟免許試験の流れ】

 狩猟免許試験の流れとしましては午前中に知識試験と適性検査があり、昼休みを挟んで午後から鳥獣判別と猟具の取扱い試験があります。鳥獣判別と猟具取扱いは知識試験を合格しないと受けれません。

 知識試験は三者択一の形式で出題され、正しいものまたは誤ったものを選べという感じです。試験問題は約30問出題され、70%以上得点しないと合格しません。問題の内容はおおむね、鳥獣保護や狩猟に関する法令問題が約13問、猟具に関する問題が約6問、鳥獣に関する知識問題が約9問、鳥獣の保護管理に関する問題が約2問といった感じです。

 鳥獣保護や狩猟に関する法令問題ですが、鳥獣法の目的や狩猟鳥獣の種類、狩猟免許の効力、猟具に関する制限など、狩猟を行ううえで守らなければいけない規則などが出題されます。

 猟具に関する問題では受験する免許に沿った猟具の問題が出題されます。罠免許だったら罠の使用可否、設置場所、罠の名称や仕様など。銃であれば銃の名称、取り扱い方、銃弾の種類など。上記の法令問題と被って出題されるケースもありますね。僕の場合、とらばさみに関する問題が被っていました。

 鳥獣の知識や保護管理の問題は、一般知識レベルの問題と考えてください。狩猟を行う人は誰でも知っている知識、そういう感じですね。でも初めて挑戦するには難しいです(笑。カモのくちばしの特徴や水鳥の足はどれか?とか。イタチはどんな場所に生息しているか、イノシシの足跡はどれ?といった問題も。

 まぁこの辺りは講習会でもらうテキストや例題集をしっかりと読んでいれば、ほぼ確実に満点での通過ができると思います。重要なのは問題をよく読むこと。正しいものを選ぶのか、誤っているものを選ぶのか。ここを見落としちゃうと、痛い目にあいますね。

 さて見事知識試験に合格すると、適正検査があります。手をグーパーしたり、視力検査だったり。まぁ運転免許証を持っているならパスできるでしょう。それから午後の試験へと進みます。ここからは免許の種類ごとに分かれて、それぞれの試験が行われます。併願者(複数の免許を受験)の場合、たいていは最初に順番が回ってくるようですね。待ち時間の間に鳥獣判別のイラストを見たりして復習しておきましょう。

a0176707_1730160.jpg

 鳥獣判別では狩猟の可否および狩猟鳥獣の名前を答えます。このようなイラストを見せられ、5秒のうちに狩猟の可否を回答します。狩猟鳥獣である場合、その鳥獣の名前を答えます。非狩猟鳥獣である場合は、名前は答えません。

 都道府県により試験のやり方が異なります。一般的には一人づつの対応で、口頭による試験のようです。イラストを見て「とれます、XXXXです。」や「とれません」と答えるのが一般的のようです。宮崎県では10名づつ部屋に通され、イラストを見せられたら口頭ではなく、解答用紙への記入という形式でした。

 そして最後は猟具の取扱い。数名のグループで受けます。罠でしたら使用可否の判別と、罠の架設実技。猟銃は試験が多く、銃の分解や組み立て、模擬射撃、銃の渡し方、距離の目測など。これらは講習会を受けていないとまず分かりませんね。ちなみに罠の設置ができないと一発アウト。銃口を人に向けたり、引き金に手をかけたら一発アウト。せっかくの苦労も水の泡です。

 長かった試験が終わりますと、その場で合格発表&免状交付というところもあるようですね。宮崎県は2週間後の発表(笑。それも各出張所で合格発表を張り出し、免状を受け取りに行くというものでした。もうちょい早く発表できるだろーとか思ったりもしますが・・・・。
[PR]
by fly-tyer | 2001-01-02 00:02 | 狩猟:狩猟への道

【狩猟免許について】

 山野に生息している鳥獣は、法律によって保護および管理されています。ですから誰でも捕獲していいというわけでは無く、狩猟免許を習得して鳥獣の捕獲を認めてもらわなければなりません。一言に狩猟免許といっても狩猟方法によって異なり、現在は4種類の免許があります。

1.網猟免許 (網を使った狩猟方法のための免許)
2.罠猟免許 (罠を使った狩猟方法のための免許)
3.第一種銃猟免許 (散弾銃やライフル等、装薬銃および空気銃による狩猟の為の免許)
4.第二種銃猟免許 (空気銃による狩猟のための免許)

 それぞれの猟法ごとに免許が必要になります。例えば罠も散弾銃も使いたいというのであれば、罠猟免許と第一種銃猟免許の2種類を取得しなければなりません。また免許ごと(狩猟方法ごと)に使用できる猟具や狩猟できる鳥獣などが決まっています(例えば罠で鳥類を捕獲できないなど)ので、取得しようとする免許についてあらかじめ調べておきましょう。

 なお銃を所持するには狩猟免許の他に、銃の所持許可を得る必要があります。これは管轄の警察署に行って申請を行いますが、この手続きが非常に面倒かつ高額。最大の難関かもしれません。

 狩猟免許は国家試験ですが、思うほど難しくはありません。ですが勉強しなければ受かる確率は低いでしょう。運転免許試験よりも、若干難しいかな?くらいだと思います。ただ興味があって取得を目指す場合がほとんどだと思いますので、勉強もすんなり身につくと思います。

 さて狩猟免許試験がいつ実施されるかを知る方法ですが、鉄砲店や猟友会、県庁のホームページ等で案内がされています。基本的に試験は夏頃に2回実施されます(罠免許は冬にもう1回実施される)。申請書類は鉄砲店や農林振興局林務課で受け取りが基本のようですが、都道府県によっては県庁ホームページからダウンロードできる場合もあるようです。受験の為の必要書類は以下の通り。

1.狩猟免許申請書 (複数の申請も1枚で可)
2.受験票 (受験する免許ごとに1通)
3.診断所 (銃所持許可がある場合は写し)
4.住民票
5.返信用切手 (受験票に貼付)
6.写真 (申請の半年以内に撮影したもの)※1
7.申請手数料 ¥5200(受ける免許ごと)※2

※1.僕の場合は郵送時に紛失する恐れがあるので、受験当日に貼ってあればいいとのことでした。
※2.狩猟免許所持者で他の狩猟免許を受験する場合は¥3.900

 必要書類をそろえて農林振興局林務課に提出。後日、受験票があらためて郵送されてきます。あとは試験に向けて勉強あるのみ・・・なんですが、どうやって勉強したらいいか?ですよね。

 実は大日本猟友会が試験対策の講習会を実施しています。それに参加して試験対策や実技を学ぶのが無難です。講習会への参加は鉄砲店や各都道府県の猟友会で受け付けています。受講料金は各都道府県によって異なりますが、だいたい1万円程度のようです。僕の住む宮崎県では県から補助金が出ているので受講料が無料でした。有害鳥獣駆除対策で、狩猟免許保持者を増やしたいという背景があるようです。

a0176707_21261768.jpg

 黄色いのが受験票と申請書。狩猟読本というのが講習会で使われるテキストですね。一応¥700するそうですが、これも県の補助で無料で配布されていました。そして紫色のものが試験問題の例題集です。こちらは補助対象外ですので¥1500での購入になりました。これで準備は整いましたね。あとは試験に向け、講習会で習う試験対策を踏まえながら勉強あるのみです。

■初めて試験(1種類のみ)を受ける場合の費用参考
※都道府県によって異なるので要確認
・受験申請料¥5.200
・講習会¥10.000
・テキスト等¥2.200
・雑費(切手、写真など)¥1.000

 受験にかかる費用は2万円でおつりが来るといった感じです。なお狩猟をはじめるにあたり狩猟者登録や狩猟税、保険などの狩猟に必須な諸経費がかかります。免許取得後に狩猟に出るにも、ある程度の金額が必要になってきますのでご注意ください。その他にも色々とございますので、各自でよく調べてください。

 
[PR]
by fly-tyer | 2001-01-02 00:01 | 狩猟:狩猟への道

【狩猟をはじめるにあたり】

 狩猟は鳥獣を捕獲する行為。すなわち鳥獣の命を奪う行為でもあります。狩猟の目的としては捕獲した鳥獣の肉を調理したり、剥製をつくるためだったり、元々生息していない外来種の駆除や有害鳥獣駆除として作物を守るために狩猟をする場合もあります。状況により増えすぎた鳥獣の個体数管理なども行います。

 個人的な見解になりますが、狩猟をしていると我々人間は生きるために、尊い命を奪っているんだと改めて思い知らされます。東京に住んでいる頃はスーパー等でパック詰めされた肉を見ても、命を奪って生きているんだと考えることはほとんどありませんでした。狩猟を行うにあたり、自ら奪った命とどう向き合っていくのか。山野の恵みに感謝し、少しでも無駄なく糧とし、また可能な限り毛皮や羽を使う。供した命に対し感謝の心で、ありがたく頂くということが求められると考えています。

 狩猟をはじめると、必要経費の多さに驚くでしょう。免許の申請にはじまり、狩猟を行うための各種手続き(狩猟者登録、狩猟税、狩猟保険、入林山許可など)、猟具購入費。銃による狩猟を行うのであれば、銃所持許可を得るために、銃取り扱い講習などを含めかなりの金額が必要になります。

 決して手軽に始められるものではありません。鳥獣の命を奪うということ、どう奪った命と向き合うか、そして狩猟にかかる費用面、各種手続きの面倒さ。ルールを守って狩猟をしていても、時には一般の方から白い目で見られることだってあります。色々なことに覚悟を決めないと、とてもじゃありませんがやっていけないでしょう。ぜひぜひ一緒にやりませんか?と気軽に誘えるものではございません。カッコイイとか興味があるというだけでは、まず狩猟はやっていけないと思います。
[PR]
by fly-tyer | 2001-01-02 00:00 | 狩猟:狩猟への道