2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

お気に入りブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

人気ジャンル

ブログジャンル

画像一覧

ブログのお引越し

ブログ移転いたします。
ブックマークおよびリンク等のご変更をよろしくお願いいたします。

しがない毛鉤職人の日常
http://hiroyukimaki.blog.fc2.com/
[PR]
# by fly-tyer | 2013-09-11 14:06 | 雑記:お知らせ

【グレイヘロン ヘン バックフェザー 完成】

グレイヘロンのコンプリートからフェザーを選別し・・・・
ファイバーの長さでサイズ別けをしてからパッケージ。
一人でやるもんではございませんなぁ~
そして完成したのが手作り感あふれるパッケージ・・・

a0176707_1565523.jpg

グレイヘロン ヘン バックフェザーでございます。
メスのグレイヘロンの背中に生えている羽ですね。
ニワトリもアオサギも一緒で、オスメスで羽の質が違うんです。
オスだとこの部位にはヘロンハックルと呼ばれる羽が生えております。

a0176707_1593121.jpg

ヘンバックフェザーは見た目がパートリッジのフェザーとほぼ同等ですね。
模様がなくすこし茶色味を帯びた淡いダンカラーの羽です。
ただし大きな特徴がひとつ。

グレイヘロンは水中での動きが素晴らしい!とよく言われます。
もちろん、メスのバックフェザーも同じことが言えます。
パートリッジよりも格段に柔らかく、動きを求めるならこちらのフェザーが◎
ちなみにニワトリのヘンネックよりも柔らかいです。

で、このフェザー、どうやって使うんじゃい?
まぁ単純に・・・・なんのひねりもありませんが、パートリッジと同じ使い方です(笑。

a0176707_15141355.jpg

こーんな感じでハックリングしてやるのが一番の使い道です。
むしろこのような用途でこそ、このフェザーの威力が発揮できますね。
ウェットパターンのテールやスロート、ソフトハックルといったところです。

ルースターやパートリッジと違い、グレイヘロンは水辺で活動する鳥ですね。
ですからフェザーの質感が全く違うんです。
水に濡れると何ともいえない透明感、いやヌメリ具合?が出ます。
そして柔らかい動きとくれば・・・これはもう・・・ね。

a0176707_1519366.jpg

ここまでやっちゃう?
管理釣り場の定番パターン、パートリッジ&マラブー改めグレイヘロン&マラブー。
なんとも贅沢なパターンではございませぬかっ!

よく同じフライなんだけど、あの人だけヤケに釣れる!とかあるじゃないですか。
フライを見てみたら「この部分がマテリアル違った!」ってケース。
そういうフライパターンなんですよね、このフライ。

ちなみにサイズ的にはTMC3769で#10が最小といったところです。
これ以上小さいサイズはネックフェザーがよろしいです。
ネックフェザーはまた質感が違ってくるのでまたの機会にでも。

ちなみにグレイヘロンヘンバックフェザーですがまもなく発売開始です。
パッケージ完了次第【H.M Favorite Flies】に追加しておきます。
え?まだ終わってないのかって?
もう一枚、メスのグレイヘロンのなめしが終わったところなんです。
さて、今日も羽まみれな午後を乗り切りましょうかね。





●カスタムフライ&オリジナルマテリアル H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
[PR]
# by fly-tyer | 2013-08-01 15:27 | 釣り:タイイングマテリアル

【ブルーダンの魔力】

青みを帯びた灰色ことブルーダン。
日本でもブルーダンと同じ感覚があったんですよね。
それを感じ取ったのがグレイヘロンの和名「アオサギ」。

この「アオ」は青みを帯びたって解釈できるでしょう。
生えている羽はまさにブルーダンですからね。

a0176707_22521032.jpg

アオサギことグレイヘロンをふんだんに使って巻いたブルーダンウェット。
ウィングはセカンダリークイル、テールはヘロンハックルことバックフェザー。
ハックルはネックとバックの境界あたりのフェザーです。

a0176707_22555633.jpg

これがグレイヘロンのセカンダリークイルの裏側。
このクイルは厄介なことに、プライマリーと同様に表側に反り返っているんですね。
ですのでウェットなら基本、表同士を合わせてウィングに取り付けます。

a0176707_22584527.jpg

これがバックフェザーの短いやつ。
ブラウン色が入ったダンカラーをしております。
見るからに柔らかそうで「効く!」って思ってしまう羽じゃないですか?
ウェットのハックルとしては、中々いい素材だと思います。

a0176707_2311439.jpg

片方をむしってハックリングすればこの通り。
こうやって見てるとウィングいらないなぁって。
そうですソフトハックルのがムラムラってなること間違いなし。


とにかく柔らかいので水中では相当効果的といわれるグレイヘロン。
なかなか入手経路が無いようで、高価で貴重なマテリアルですね。
ですが・・・・



アオサギって有害鳥獣対策で捕獲されることが多いのです。
そこで・・・関係各所と相談した結果・・・なんと・・・



a0176707_1210794.jpg

どどーん!
有効利用できるのであれば、どんどんやってください!とのこと。
正式な許可を頂きました!
そしてなめし加工をほどこし、四苦八苦しながら作ったコンプリート。


今、工房でアオサギの仮剥製を製作中です。
レアマテリアル!といわれるグレイヘロンの各種フェザー&クイル。
お待たせいたしました、まもなくマテリアルのラインアップに追加です!
乞うご期待です!






●カスタムフライ&オリジナルマテリアル H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
[PR]
# by fly-tyer | 2013-07-30 23:11 | 釣り:タイイングマテリアル

【夏のライズ攻略パターン1】

a0176707_7152548.jpg

 朝一のライズ攻略で活躍中のイマージングカディス。地元の渓流では涼しい時間帯、このパターンが一番反応がよく、陽が川を照らし始め暑くなるとテレストリアルへ移行。ウィングはもちろんキュウシュウシカのボディヘア。エルクヘアや海外産のディアヘアに比べると、浮力は同等でもしなやかさが格段に上。魚がフライに出た時の食い弾きが激減する。フロータントはウィングだけに施し、ボディは水中へ。




●カスタムフライ&オリジナルマテリアル H.M Favorite Flies
タイヤー目線で厳選された最高品質のマテリアルのみを使用。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンが勢ぞろい。

[PR]
# by fly-tyer | 2013-07-23 07:35 | 釣り:フライパターン

【NHK宮崎 ニュースWAVE宮崎の取材を受けました】

 いやぁ何があるか分かりませんね。このブログを見たというのがご縁で、NHKのカメラマンさんから取材を受けました。鳥獣被害および対策をテーマに取材を続けられていらっしゃったところ、このブログを見つけ興味をお持ちいただいたそうです。まぁよくもこんな辺境のブログを見つけられましたなぁ(笑。

a0176707_2051674.jpg

 取材は半日かけて行ったり、罠の見回りに同行して頂いたりと、相当な時間をかけて行われました。納得のいく映像を撮りたいという熱意に共感し、できるかぎりのことを手伝わさせていただきました。解禁間もない冷たい川に長靴のまま突っ込み、自作の鹿毛を使ったフライフィッシングの撮影。繰り返しタイイングする様子をカメラや照明の角度を変え、何パターンも撮影。ほんの5分程度の紹介なのですが、映像を作るという大変さをまじまじと知ることになりました。僕には到底マネできません。

a0176707_20113083.jpg

 我ながら「猟師」っぽく映ってるじゃぁありませんか(笑。罠の見回りでの同行撮影での一幕ですね。鹿の痕跡(足跡や糞、食痕など)が至る所にあり、鹿が及ぼす農作物への被害などを見ることが出来ました。地元に昔から住まわれている方の話だと、鹿をよく見るようになったのはここ数年とのこと。山を切り開き杉林を作ったため餌場がなくなり、餌を求め人里に下りて来るようになった・・・ということなんでしょうか。原因は僕にはハッキリと分からないけれど、成す術がなく被害に困っている人がいるのは事実です。

a0176707_2016519.jpg

 捕獲した鹿は毛皮も有効利用。自分の手でなめし加工を施し、毛鉤用の材料として使っています。これは鹿の毛を使ったコンパラダンのタイイング風景。自らの手で奪った命、そして自らの手で再び命を吹き込む瞬間。肉だけじゃなく毛だって、立派な自然の恵み。狩猟からはじめることで、またひとつ違った思いで毛鉤を巻いていこうと思っています。



■放映スケジュール

以下の番組内で紹介されました
3/8 16:10~ NHK宮崎 ニュースWAVE宮崎  ▽高原町に移住した職人の挑戦▽
4/2 5:00~ NHK総合 おはようニッポン
[PR]
# by fly-tyer | 2013-04-06 09:56 | 雑記:お知らせ