2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

クロカワゲラを意識したフライ

 早いところでは2月に解禁を向かえる渓流。まだ残雪どころか雪本番といった状況でも、活動している昆虫ってけっこういるもんですよね。雪の上をモゾモゾと動く黒い物体を見たことはありませんか?ユキムシことクロカワゲラの仲間です。カワゲラというとミドリカワゲラやオナシカワゲラなんかをイメージしますけれど、僕の中ではこのクロカワゲラは早春には外せない一手でございます。



 クロカワゲラは石の上などで羽化をする陸上羽化型です。ニンフは必死に水面へと浮上したら、羽化をするために上陸する場所を探して泳ぎます。この状況、意識していないのにピッタリとはまって魚が釣れちゃうケースがよくあるんですよね。どんなフライを使っているときかといいますと・・・。

a0176707_3442095.jpg

 ご存知、フェザントテールニンフです。これはソラックスにピーコックハールを使い、フェザントテールの先端部分をレッグとして取り付けたアメリカンスタイルですね。オリジナルのフェザントテールをあのエルクヘアカディスの考案者でもあるアル・トロース氏が改良したバリエーション。もちろんオリジナルのフェザントテールでも同じ状況でピッタリとはまります。

a0176707_3472424.jpg

 こちらが本家本元、フランク・ソーヤー氏が考案したスタイル。いわばイングリッシュスタイルとでもいいますか。本来はスレッドではなくワイヤーを使ってタイイングします。

 これらのフェザントテールニンフを使って水面直下を探っていると、次々と魚がヒットすることはありませんか?魚が何かを追いかけるような慌しいライズをしているとき。この様な状況ではクロカワゲラのニンフが捕食されていることがございます。ストマックからはクロカワゲラニンフがたんまりと。

 ちなみにアダルトは産卵のため、ひたすら上流を目指して川沿いを歩行して上っていきます。ゆえにバンク(川べり)から落下することも考えられます。もちろん羽化したものの風にあおられて落下・・・なんてケースも。これはオナシカワゲラを意識した釣りでも同じですね。

a0176707_3523389.jpg

 そんな哀れなクロカワゲラを意識したパターンを岸ギリギリに落としてみると・・・・かぽん!なんて魚が飛び出します。陸上羽化型の水生昆虫がハッチしているときはこの方法、実に効果的。もちろんテレストリアルを意識した釣りでも。

 ミッジばかりでは神経がまいってしまうので、集中力が切れてくると僕はいつも川べり狙いに走ります。ガガンボを意識するよりも、クロカワゲラを意識するほうが多いかもしれませぬ。ちなみに見やすいパラシュートスタイルにしてみますと・・・・

a0176707_3561944.jpg

 こんな感じです。ウィングはヘンネックのハックルティップを使っています。なんとなく質感が・・・・ね。さてさて解禁まであと少しですが、ちょっと開発中とは大げさですが最終テストに入ったストリーマーを試したく、まずは湖に出かけることになりそうです。んー仕事山積みなのでいつになるやら・・・・。




完成フライ専門店 Fly-Crafting Graham
豊富な品揃えの完成フライオンラインショップ。お探しのフライがきっと見つかります。
[PR]
by fly-tyer | 2011-01-16 03:58 | 釣り:フライパターン