2011年10月より東京から宮崎県へと移住。新燃岳の麓にある高原町で、狩猟の獲物をなめしながら細々と毛鉤を巻いて生活しています。田舎生活満喫!


by fly-tyer

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り:釣り歩く日々の記憶
釣り:タイイングマテリアル
釣り:フライタイイング
釣り:フライパターン
狩猟:山野を駆回った軌跡
狩猟:装備や道具
狩猟:獣類の毛皮なめし
狩猟:鳥類の仮剥製作成
狩猟:山野の恵み
狩猟:狩猟への道
日常:身近に感じる自然の鼓動
日常:日々の食卓・食材
雑記:お知らせ
雑記:しがない思考回路
雑記:個人見解等の備考

しがないつぶやき

最新の記事

ブログのお引越し
at 2013-09-11 14:06
【グレイヘロン ヘン バック..
at 2013-08-01 15:27
【ブルーダンの魔力】
at 2013-07-30 23:11
【夏のライズ攻略パターン1】
at 2013-07-23 07:35
【NHK宮崎 ニュースWAV..
at 2013-04-06 09:56

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

フォロー中のブログ

tidepool
魚食の日々
(続)我流・天声・を・書く
毛鉤で川鱸
Fly Shop Loo...
そらのいろ

フライフィッシング関連

BLOGSIZE Ⅱ
康友丸釣り日記
なちゅどれ
Fly Fishing Enthusiast
娘と管釣り
まるぞ~んR+
西鹿庵(さいろくあん)
Asari Mayumi
雨後論
Lure&FlyFisher seikoh
~風結び~
じいの自然派的つれづれ日記
☆スターの少年
MEDAKA親爺のサイト




プロショップサンスイ
フライショップなごみ





 リンクフリーですのでどしどしにリンクしてやってください。相互リンクご希望の方はコメントかメール下さればこちらよりリンクを貼らせていただきます。


国産自家製マテリアル

H.M Favorite Flies


完成フライ専門店

Fly-Crafting Graham



 タイイングやフライパターンの紹介などのリクエストがございましたらこちらまでメールください。

 カスタムオーダーなど製作依頼のご用命もお気軽にどうぞ。完成フライに関するお問い合わせはこちらまで

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

ゴールデンフェザント その1

 タイイングデスクの片隅にひっそりと眠っているコンプリートマテリアル。いつ買ったのかさえ覚えていないような、使い道が思い当たらないコンプリートスキンをお持ちの方も多いんじゃないかな?熟成されたコンプリートスキンは時として、冷蔵庫の中で忘れ去られこの世のものとは思えない物体に進化を遂げた食品よりもタチが悪い。しっかりと密閉しておかないと風の谷のナウシカに登場する“虫”のミニチュア版みたいなやつらが沸いてしまことがあるんですな。タダでさえフライタイイングに興味の無い人にとって、コンプリートマテリアルは気持ちのいいものではない。どこからともなくやってきた侵略者たちが奥さんに見つかってしまったら・・・。マテリアルが勿体無いと真っ先に思った人は重症かと。
a0176707_0251789.jpg




 さてさてコンプリートスキンといえばゴールデンフェザントをお持ちの方は多いのではないだろうか?赤や黄、緑といった鮮やかなフェザーが取れるこの鳥は見た目も美しく値段も高くないため衝動買いしてしまったなどという話をよく聞きます。かくいう自分もフライタイイングを始めた頃に衝動買いしたクチだったりして。MSCのテール用マテリアルとして踊らされて購入した人もいるのでは?しかし「他の部分はどうしたらいいんだろう?」となって、結局、片隅で眠ることになってしまうのがオチのようで。

 ゴールデンフェザントはティペットやクレストなどはよく使われるマテリアルですが、ボディフェザーともなるとサーモンパターンやスペイフライといった大型のウェットに使い道がございます。ダーハムレンジャーやジェネラルプラクテショナーなどが代表的ですね。どんなパターンかはググっと検索をば。タイイングが( ゚Д゚)マンドクセーだなんて思ってませんよ!

a0176707_0292583.jpg

これはゴールデンフェザントのセカンダリークイルです。
ちょっとムラムラっとしません?ターキーのような茶色のファイバーにマダラ模様。
思った以上にしなやかでファイバー同士の結束力があるんですよ。
ウェットパターンのウィングにとても使いやすいです。

a0176707_0352229.jpg

シルバーマーチブラウンのバリエーションとしてまいてみました。
ボディはゴールドのほうがしっくりきたのでゴールドバージョンをば。
思ったよりもファイバーが長いので、#10ではマダラ模様が出せていないですな。
この感じだと#6とかも平気で巻けちゃう感じですね。
ちなみにテールとハックルのフェザーは、ウィングの根元に密集しているフェザーです。

a0176707_0414269.jpg

メタリックブルーの綺麗なフェザー、何処に生えているフェザーか分かりますか?
正しくは“フェザー”ではなく“クイル”に分類されています。
これもゴールデンフェザントから採れるマテリアルですね。
三列風切という部分でセカンダリークイルの脇に生えています。
残念ながらあまり量が採れるものではないです。

a0176707_0453463.jpg

 このクイルを使ってブッチャーをまいてみましょう。まぁなんてそっくり!
クイルといっても結束力が弱いため、普通のクイルウィングのようにいきません。
プロフェッサーのようにフェザーウィングスタイルにしてタイイングします。
ちなみにテールはゴールデンフェザントのブレストフェザー。
ハックルにはグリーンバックを使ってみました。

とまぁ使い道は色々とございます。
中には併用性が高いものも結構あるんですよね。
眠っているコンプリートスキンをいじってみてはいかがでしょう?
[PR]
by fly-tyer | 2010-12-24 00:57 | 釣り:タイイングマテリアル